仕事

今年も後半へ

今年も半分が過ぎましたね。
人が言うのも聞いて思い出しました。もう7月なんですね。

上半期を振り返り、最大のチャレンジは医療通訳講座の講師の仕事でした。
2月~5月、経験ないながら自分なりに精一杯やりました。
どんなに怖いことでも、一生懸命やれば、何事もうまくいくし、無事終わるのだ、ということを学びました。大げさだと思われるかもしれませんが、フリーランスになってから、あれほど不安で押しつぶされそうになることはなかったのです。あんなに怖くて仕方なかったことも。

終わってみれば、その経験は財産となっていました。

少し前の自分、数年前の自分と比較すると、精神面、キャリア面での前進を感じられるものですね。

***

いつも建設的なアドバイスをくれる友人が、
「オリンピック後はこうなると思う・・・」と言うのを聞き、ドキリしました。

私はオリンピック後に自分がどうなっていたいかまで考えていなかったからです。
彼女の言葉を聞いて、あまり目先のことにとらわれず、また人と比較したりしないで、
自分がやりたいことをもう少し熟考する必要を感じました。

思いつきでぽんぽん動いてしまうのは私の長所でもありますが、実は短所でもあるのですよね。

数年先にどうなっていたいか、思いめぐらしてみます。

 

関連記事

  1. 仕事

    中日特許翻訳を始めて半年

    私が中日特許翻訳の仕事を初めていただいたのは去年の秋。半年経ちました。…

  2. 仕事

    仕事を通じて分野を広げるために

    勉強時間は現在、とても限られていますが、最近、以前ほど不安な気持ち…

  3. トライアル

    トライアル提出

    これまでほぼ医薬分野で翻訳を受注してきましたが、私がこれまでやって…

  4. トライアル

    トライアル応募3社、仕事

    翻訳祭でご挨拶した3社のトライアルに応募しました(英語)。(今は英…

  5. 仕事

    診断書翻訳の難しさ

    今月はカルテ・診断書翻訳(中日翻訳)の依頼がたくさんあります。…

  6. 仕事

    新規分野が来るのが嬉しい

    今日は2件、新規翻訳の依頼がありました(中国語)。面白いことにどち…

PAGE TOP