1. TOP
  2. 仕事
  3. 医薬翻訳で自分に求めるレベルを引き上げる

医薬翻訳で自分に求めるレベルを引き上げる

仕事
 

翻訳または通訳。フリーランスで仕事をするにつれ、できる自分を実感していく・・・・ というお話。長い間、ピンときませんでした。

通訳はトレーニングを毎日できていないのだから当然ですが、
翻訳の依頼を定期的にいただいていても、「以前よりできる自分」を感じることはありませんでした。

しかし、今回は違いました。
カルテの翻訳スピードが明らかに上がりました。
これは、専門用語の脳内蓄積と、用語集の蓄積、医療知識が増えたことによります。

これまでは、カルテ翻訳では、正確さとスピードを重視していました。
今後は、次のことを目指します。

・疾患名から特徴的な腫瘍マーカーを思い浮かべられる
(〇〇が陽性だろうと想定できる)

・検査数値とカルテの記述で、語られる事実の整合性を自分で判断できる

つまり、医師がカルテを見る視線で翻訳できるようになること

さらに、カルテに記載がなくても、検査数値から疾患の進行度まで、調べずに判断できる知識をつけること

例えば肝炎の各ウイルスマーカーの数値から、既感染なのか、感染持続なのか、治癒したのかを理解できるようになりたいです。カルテに記載がなくても。

毎回、難解な疾患が多く、翻訳するだけ、リサーチするだけで精一杯なのですが、今回は納品後に専門書で勉強しました。わずかな時間でも、すぐにインプットすることで、疾患で覚えておくべき診断基準が頭に入りました。

医薬分野の通翻訳で自信をもって「プロです」といえるように頑張ります。

\ SNSでシェアしよう! /

Ayumi Office ー特許に魅せられてーの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Ayumi Office ー特許に魅せられてーの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

この人が書いた記事

  • 音声入力ソフト「Simeji」でブログを書いてみた

  • 出口式みらい学習教室に入会を決めました

  • 特許翻訳者が展示会に参加して得た気づき

  • 情報発信塾に参加します

関連記事

  • 仕事を通じて分野を広げるために

  • 打診のタイミング

  • 新規案件がきた

  • 仕事スタイルの見直し

  • 産業翻訳から考えられるビジネスの可能性

  • 情報発信塾に参加します