トライアル

トライアル受験で得られること

英日チェック1件目のトライアルが完了しました。

トライアルは受験すればするほど、合格率があがっていくそうです。

翻訳者になるには。私が今までしてきたこと その5
こちらの記事の「4.トライアルを怖がらないこと」を読んで勇気をもらえる方もいるはず。

結果がどうであれ、何らかの収穫が得られるとありますが、確かにそうです。

私の経験から言えるのは、トライアル課題でリサーチして知った知識の蓄積は無駄にはならないということです。

今回はトライアルでしたが、その中で登場した機器分析の知識は、これからの翻訳でも役立つと判断し、また本を購入してしまいました。

今回受験したのは医薬の英日チェックでした。英日チェック案件を通じて、医薬を中心とした理系分野の知識を増やせると思い受験しました。医薬案件を多くこなせば、知識のリサイクルが可能となり、作業効率も上がっていくはずです。

願・合格!!

関連記事

  1. 仕事

    書類で落ちてラッキーなこともある

    秋から特許翻訳(中国語)の仕事をいただけるようになった会社は、初回応募…

  2. 仕事

    勉強不足を実感

    案件を通じて、勉強不足であることや、このままでは危険だぞという黄色信号…

  3. 仕事

    特許翻訳の初仕事

    初めて特許翻訳の依頼をいただきました。今年トライアルに合格した会社です…

  4. 仕事

    特許事務所の求人

    今週のスケジュール10:00―16:30 未完了タスク(家事、…

  5. 仕事

    あともう少し

    以前の記事で書いた未完了の仕事、終わりが見えてきました。あともう少…

  6. 仕事

    仕事は来るときは来る

    打診の多い1日でした。フリーランスだから勉強時間を調整しやすいだな…

PAGE TOP