レバレッジ特許翻訳講座

すっきりしました

既存のすべての取引先に数カ月、仕事を受けられないことを連絡しました。9月まで入っている仕事もあるのですぐにとはいきませんが、今月下旬から負担が軽減します。自分が思っている以上に抱えているものは多かったようで、この決断で、気持ちが大分楽になりました。

この決断をするにあたりしばらく悩みました。
取引先の中には中国語の案件があるといつも一番最初に声をかけてくれる会社が2社ありました。しばらく仕事を受けられないことで、今まで積み重ねたものを失うリスクもありますが、思い切って手放しました。

また、これまで自分が理系であることが少なからず安心材料になっていましたが、理系であること、翻訳キャリアがあること、これらも一旦すべて忘れることにします。これにこだわるのは今後の成長の邪魔にしかならないと思ったからです。

大事なものを次々とそぎ落としていったら、もう「結果を出す」こと以外考えられなくなりました。私の受講期間は2年ですが、1年で結果を出します。

関連記事

  1. レバレッジ特許翻訳講座

    意地でも勉強する

    仕事でどんなに時間を取られても、意地でも対訳はやる!と決めました。…

  2. レバレッジ特許翻訳講座

    日本人工臓器学会で多くの関連学会を知る

    長期案件が一つ終了しました。現在一つ大きな仕事が動いており、特…

  3. レバレッジ特許翻訳講座

    これから世に出る特許を先読みする

    「特許は先に出ない、先に世に出るのは専門誌、学会だ」これについて数…

  4. レバレッジ特許翻訳講座

    勉強する体制を整える

    レバレッジ特許翻訳講座の受講開始後、やる予定であったものの今はできなく…

  5. レバレッジ特許翻訳講座

    明細書から見えてくる今後のステップ

    昨日の発見をもとに、特許明細書を調べてみました。外資医療機器メーカ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP