レバレッジ特許翻訳講座

時間を忘れる・・・

3Mの対訳シリーズ、0057、0060を見ました。
付加価値をどこで出すかを常に考えるに、ふむふむ。
キーワードをネットで調べて、ページを部分印刷、ノートに貼り付けました。
書き写すより時間を短縮できる上、見返した時の情報量が多いですね。
ヒドラジド、ヒドラジンの周辺知識を吸収しました。

対訳で出てくる化合物の周辺知識を追うだけでも、勉強用の明細書を選ぶヒントがたくさん得られることがわかりました!ヒドラジン→ロケット、航空機の燃料、原発高圧ボイラーの防食剤。ヒドラジド→エポキシ樹脂。ヒドラジドは架橋剤として使用されることをリサーチで知りましたが、確かに3Mの明細書にも架橋剤は出てくる、なるほど~と納得でした。少しずつ周辺知識を蓄積していくことで、次に明細書で出会う時は出てくる単語を今より予想しやすくなりますね。面白いです!!

見たビデオ:0287、0348、0367、0057、0060
ようやくX、Y、Zなどのテキストの場所を発見。謎が解けました。

3.5h

購入書籍:

関連記事

  1. レバレッジ特許翻訳講座

    焦り

    この2日間、勉強時間をあまりとれませんでした。昨日は子どもと寝落ち…

  2. レバレッジ特許翻訳講座

    2年間で対訳100本

    プロへの入口には明細書の対訳10本、安定稼働するためには1、2年で対訳…

  3. レバレッジ特許翻訳講座

    もうあとには引けない

    先日まで追い詰められていましたが、気持ちに余裕がでてきました。これ…

  4. レバレッジ特許翻訳講座

    トイレに行くのも忘れるビデオ講座

    主に夜にビデオを視聴しています。参考になること、思いつかなかったこ…

  5. レバレッジ特許翻訳講座

    これから世に出る特許を先読みする

    「特許は先に出ない、先に世に出るのは専門誌、学会だ」これについて数…

  6. レバレッジ特許翻訳講座

    【学習記録】0808

    3Mの対訳を開始しました。2本目までは目で追うだけでしたが、3本目…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP