レバレッジ特許翻訳講座

日本語明細書1本目

発明の名称:慢性閉塞性肺疾患治療剤 (エーザイ)

疾患について比較的知っていたので、さくさく読めました。先日見たビデオ801、「文系が理系に打ち勝つための秘密の勉強法」で学んだ、「発明の背景、本質を理解する。この発明の核心部分、きっかけは何かをつかむ」ことを意識して読みました。これは常に忘れないようにしよう。

知っている疾患だから、核心部分がわかりやすかったです。不可逆的で治癒が困難なCOPDに対し、従来の治療剤である気管支拡張薬などの欠点は禁忌の疾患、副作用があること。これに対し、生体に存在する酵素であるリゾチームが、これまでの治療法では効果が不十分であった患者でも有効であることが示されたという内容。しかも天然由来でも合成されたものでもいいので、卵アレルギーの人にも投与可能。

興味津々で速読しました。後半の統計用語はまだ調べていませんが。対訳があれば薬学用語を総ざらいできそうなので、今度エストラージをダウンロードして探してみようと思います。

8/11 引き続き3M対訳 68、69 CV関連 500   2.5h

接着剤関連は色々な分野に応用が効くとのことで、損失係数をじっくり調べました。帰省中なので、自宅に戻ったら以下のサイトを印刷、ノートに貼り付け。

早く勉強したいとワクワクしている私の心を読み取ったのか、2歳の子どもの寝かしつけに2時間かかりました。こんなにかかるのは珍しい。「ママ、この後仕事するの?」にぎくり。子どもはすべてお見通しですね。一人楽しくはまりすぎないように気をつけなきゃと思いつつも、勉強が楽しくて仕方ないのは本当。明細書読んだり、対訳で手を動かし、調べ物していると、少しずつ前進しているのを感じられるのがはまりポイントなのかもしれません。

http://www.comm.tcu.ac.jp/~minamasa/abstract/murata05.pdf

https://www.polymatech.co.jp/catalog/05.pdf

https://www.silicone.jp/catalog/pdf/rubber_j.pdf

関連記事

  1. レバレッジ特許翻訳講座

    アクリル系粘着剤に興味がわく

    3M シリーズ:76、77、CV関連:1066 2h粘着剤や材料系…

  2. レバレッジ特許翻訳講座

    請求項が日常に入ってきた

    特許翻訳の勉強を始めてから、何気ない時でも視界に入る「物体」について、…

  3. レバレッジ特許翻訳講座

    意地でも勉強する

    仕事でどんなに時間を取られても、意地でも対訳はやる!と決めました。…

  4. レバレッジ特許翻訳講座

    焦り

    この2日間、勉強時間をあまりとれませんでした。昨日は子どもと寝落ち…

  5. レバレッジ特許翻訳講座

    【学習記録】0808

    3Mの対訳を開始しました。2本目までは目で追うだけでしたが、3本目…

  6. レバレッジ特許翻訳講座

    2年間で対訳100本

    プロへの入口には明細書の対訳10本、安定稼働するためには1、2年で対訳…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP