1. TOP
  2. 仕事
  3. 疾患名の用語リサーチにICDコードを活用

疾患名の用語リサーチにICDコードを活用

仕事
 

中国語では専門用語の特定に辞書で対応できることが少なく、世界共通のガイドラインなどを使って用語を特定することが多いです。

疾患名には、ICDコードを使うのも有効だと思います。ICDは統計分類の用語であり、医師が使う専門用語と必ずしも一致しているわけではありませんが、中・英で用語をリサーチし、参考にするのには有効だと思います。
中国語:http://www.a-hospital.com/w/ICD-10
英語:http://apps.who.int/classifications/icd10/browse/2016/en
日本語:http://www.dis.h.u-tokyo.ac.jp/byomei/icd10/

時間のある時に、用語集やメモリに少しずつ登録していきたいと思います。

また、ISO関連の翻訳では、例えば医療機器関連の品質マニュアルであれば、私はISO 13485の中国語版、日本語版を参照し、マニュアル内のISO特有の表現については、対応する箇所を探して訳出時に活用するようにしています。

これまでTradosを使用していませんでしたが、今後はこのような資料を活用して、メモリを増やしていきたいと思います。レバレッジ特許翻訳講座で学ぶことをいかせば、最初の1,2年は上り坂で苦しいですが、いつかブレイクスルーが来ると確信できました。

\ SNSでシェアしよう! /

Ayumi Office  翻訳者がブログ飯に挑戦の注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Ayumi Office  翻訳者がブログ飯に挑戦の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

コメントを残す


この人が書いた記事

  • 4ヶ月目のブログ運営レポート【最大の敵を倒す】

  • ブログ・YouTubeで批判されたときの対処方法

  • 【7月】ブログ運営報告・初のまとまった売上(毎日更新してから3か月目)

  • 【100記事達成によるアクセスの変化】オウンドメディアのスタート地点に立つ

関連記事

  • 断らないと決めている仕事

  • 新規案件とトライアル

  • 特許翻訳:プリンタ案件再び

  • 翻訳者が垣間見るアイミツの世界

  • フリーランス4年を振り返る

  • 書類で落ちてラッキーなこともある