仕事

疾患名の用語リサーチにICDコードを活用

中国語では専門用語の特定に辞書で対応できることが少なく、世界共通のガイドラインなどを使って用語を特定することが多いです。

疾患名には、ICDコードを使うのも有効だと思います。ICDは統計分類の用語であり、医師が使う専門用語と必ずしも一致しているわけではありませんが、中・英で用語をリサーチし、参考にするのには有効だと思います。
中国語:http://www.a-hospital.com/w/ICD-10
英語:http://apps.who.int/classifications/icd10/browse/2016/en
日本語:http://www.dis.h.u-tokyo.ac.jp/byomei/icd10/

時間のある時に、用語集やメモリに少しずつ登録していきたいと思います。

また、ISO関連の翻訳では、例えば医療機器関連の品質マニュアルであれば、私はISO 13485の中国語版、日本語版を参照し、マニュアル内のISO特有の表現については、対応する箇所を探して訳出時に活用するようにしています。

これまでTradosを使用していませんでしたが、今後はこのような資料を活用して、メモリを増やしていきたいと思います。レバレッジ特許翻訳講座で学ぶことをいかせば、最初の1,2年は上り坂で苦しいですが、いつかブレイクスルーが来ると確信できました。

関連記事

  1. 仕事

    1つの案件でノート1冊

    休日に子どもが昼寝をしなくなったので、うまく行く日は21時前に寝てくれ…

  2. 仕事

    フリーランスになって良かったこと 会議からの解放

    大学時代にどの職業につくにせよ、将来はフリーランスで食べていこうと決め…

  3. 仕事

    原点

    私が中国語を勉強することになったのはこの問題を知ったことがきっかけでし…

  4. 仕事

    機械案件も物理であり化学である

    新しい特許翻訳(中国語)の案件に取り組んでいます。初めての分野は毎…

  5. 仕事

    新規分野が来るのが嬉しい

    今日は2件、新規翻訳の依頼がありました(中国語)。面白いことにどち…

  6. 仕事

    特許翻訳の仕事 ~画像形成装置~

    特許翻訳に取り組んでいると、本当に時間を忘れます。週末は子ども…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP