1. TOP
  2. レバレッジ特許翻訳講座
  3. 明細書から見えてくる今後のステップ

明細書から見えてくる今後のステップ

昨日の発見をもとに、特許明細書を調べてみました。
外資医療機器メーカーのボストンサイエンティフィック、J&J、シーメンスあたりから読み進めてみようかなと思い、調べている過程で大発見しました。

ボストンサイエンティフィックの明細書に記載のある弁理士を検索すると、所属事務所がわかります。複数の明細書を眺めたところ、同じ弁理士の名前が記載されていました。これでこの会社の明細書の翻訳を受注している(かもしれない)特許事務所を特定することができました。この推測が合っているかわかりませんが、この事務所主催のセミナーに一度行ってみるのも良さそうです。

バルーンカテーテルなどの医療機器なら3Mシリーズで吸収する高分子化学の知識を横展開できそうです。医薬よりも、医療機器から開拓してみようかしら。

\ SNSでシェアしよう! /

Ayumi Office ー特許に魅せられてーの注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Ayumi Office ー特許に魅せられてーの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

コメントを残す


この人が書いた記事

  • セルフブラック化せよ

  • 中国語翻訳者だったら英語版のCV(職歴・実績表)は不要?

  • 夫を突然死させないために -夫がブログ開設を決意するまで-

  • 出口式みらい学習教室の体験授業に参加してきました

関連記事

  • アクリル系粘着剤に興味がわく

  • 【募集は終了しました】レバレッジランチ会@翻訳祭のお知らせ

  • 2年間で対訳100本

  • 8年前の私、今の私

  • XMind Pro購入しました

  • これから世に出る特許を先読みする