レバレッジ特許翻訳講座

明細書から見えてくる今後のステップ

昨日の発見をもとに、特許明細書を調べてみました。
外資医療機器メーカーのボストンサイエンティフィック、J&J、シーメンスあたりから読み進めてみようかなと思い、調べている過程で大発見しました。

ボストンサイエンティフィックの明細書に記載のある弁理士を検索すると、所属事務所がわかります。複数の明細書を眺めたところ、同じ弁理士の名前が記載されていました。これでこの会社の明細書の翻訳を受注している(かもしれない)特許事務所を特定することができました。この推測が合っているかわかりませんが、この事務所主催のセミナーに一度行ってみるのも良さそうです。

バルーンカテーテルなどの医療機器なら3Mシリーズで吸収する高分子化学の知識を横展開できそうです。医薬よりも、医療機器から開拓してみようかしら。

関連記事

  1. レバレッジ特許翻訳講座

    10年日記

    レバレッジ特許翻訳講座の衝撃が大きすぎて、引き込まれるようにみています…

  2. マインドマップ

    マインドマップの凄さを垣間見た 

    前回の記事で触れた特許庁の人工臓器に関するレポートをもとにマインドマッ…

  3. レバレッジ特許翻訳講座

    アクリル系粘着剤に興味がわく

    3M シリーズ:76、77、CV関連:1066 2h粘着剤や材料系…

  4. レバレッジ特許翻訳講座

    専門分野は

    メディカル、化学にしようと思います。この2分野は初見で見る用語も抵…

  5. レバレッジ特許翻訳講座

    朝勉にシフトして2週間

    習慣になると遅めに寝ても、朝5時頃には起きられるようになりますね。…

  6. レバレッジ特許翻訳講座

    得意分野を決めるために

    1525、1527のビデオを視聴して:3Mの対訳と、メディカルをか…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP