レバレッジ特許翻訳講座

明細書から見えてくる今後のステップ

昨日の発見をもとに、特許明細書を調べてみました。
外資医療機器メーカーのボストンサイエンティフィック、J&J、シーメンスあたりから読み進めてみようかなと思い、調べている過程で大発見しました。

ボストンサイエンティフィックの明細書に記載のある弁理士を検索すると、所属事務所がわかります。複数の明細書を眺めたところ、同じ弁理士の名前が記載されていました。これでこの会社の明細書の翻訳を受注している(かもしれない)特許事務所を特定することができました。この推測が合っているかわかりませんが、この事務所主催のセミナーに一度行ってみるのも良さそうです。

バルーンカテーテルなどの医療機器なら3Mシリーズで吸収する高分子化学の知識を横展開できそうです。医薬よりも、医療機器から開拓してみようかしら。

関連記事

  1. レバレッジ特許翻訳講座

    もうあとには引けない

    先日まで追い詰められていましたが、気持ちに余裕がでてきました。これ…

  2. レバレッジ特許翻訳講座

    アクリル系粘着剤に興味がわく

    3M シリーズ:76、77、CV関連:1066 2h粘着剤や材料系…

  3. レバレッジ特許翻訳講座

    勉強はじまる

    先週末から背中を痛め、一時期目薬もさせない、横になったり起き上がるのも…

  4. レバレッジ特許翻訳講座

    XMind Pro購入しました

    今朝のビデオ、1946号 特許翻訳者とマインドマップを視聴しま…

  5. レバレッジ特許翻訳講座

    これから世に出る特許を先読みする

    「特許は先に出ない、先に世に出るのは専門誌、学会だ」これについて数…

  6. レバレッジ特許翻訳講座

    【学習記録】0808

    3Mの対訳を開始しました。2本目までは目で追うだけでしたが、3本目…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

アーカイブ

PAGE TOP