1. TOP
  2. レバレッジ特許翻訳講座
  3. 請求項が日常に入ってきた

請求項が日常に入ってきた

特許翻訳の勉強を始めてから、何気ない時でも視界に入る「物体」について、これは請求項にしたらどんな記載、要素が必要になるだろう・・・と考えるようになりました。熟考するほどではないのですが、身の回りの日常品でも、「ああ、これは機械も化学も関係して複雑すぎて手に負えなそう・・・」と、イメージしやすくなりました。この足を止めて数秒考えるくらいの変化も、受講前と後での嬉しい変化です。

遠方へ1泊2日で行ってきましたが、時間を取れたのは新幹線の時だけでした(夜はまた寝落ち)。寝ている子どもを抱きかかえながら明細書を読みました。途中で起きてしまいましたが、あやしながら最後まで読了。先日新聞で目にした「協和発酵バイオ」「アミノ酸で首位」にピンと来て選んだものでした。実験結果から効果があることがうかがえて興味深かったです。

【発明の名称】脳機能低下の予防または改善例 by協和発酵バイオ

さらりと読む明細書も意識して対訳のあるものをピックアップするようにしています。

8/20 明細書1本読む、ボストン対訳3行

解決したこと:特許におけるmayとcanの訳し分け、英訳を意識した日本語表現の決め方
リサーチ過程で新たにトライアルのターゲット企業を見つけました(^^)

\ SNSでシェアしよう! /

Ayumi Office  翻訳者がブログ飯に挑戦の注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Ayumi Office  翻訳者がブログ飯に挑戦の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

コメントを残す


この人が書いた記事

  • 4ヶ月目のブログ運営レポート【最大の敵を倒す】

  • ブログ・YouTubeで批判されたときの対処方法

  • 【7月】ブログ運営報告・初のまとまった売上(毎日更新してから3か月目)

  • 【100記事達成によるアクセスの変化】オウンドメディアのスタート地点に立つ

関連記事

  • 2年間で対訳100本

  • 目の前の世界が変わった

  • この一ヶ月、最も衝撃的だったこと

  • 再生医療と医療機器のマインドマップ

  • 日本語明細書1本目

  • 専門分野は