レバレッジ特許翻訳講座

これから世に出る特許を先読みする

「特許は先に出ない、先に世に出るのは専門誌、学会だ」
これについて数日気になっていました。

英語にコンプレックスがあるため、いきなり英語ジャーナルを購読したら挫折しそうなので、本棚にあった「実験医学」を眺めてみました。

去年と今年の2冊に記載されているキーワードをピックアップし、J-Platlatで検索。
すると、あらら最近の特許ばかり。
専門誌で世に出る→特許明細書として世に出る
これは本当のようです。

Notchシグナル、サバイビン、腫瘍溶解性ウイルス、ワクシニアウイルス
癌ウイルス療法、VEGF-C、オルガノイドなど。

調べてみようと思ったきっかけは、最近管理人さんが勧められていた全固体電池。
J-Platlatで検索したところ、近年だけで数が多く、開発が盛んなことがうかがえました。

専門誌を普段から読み、すべてを勉強するのは難しくても、大まかなイメージを蓄積しておけば、実際に仕事をいただいた際に慌てずにすむと思いました。その蓄積によっていずれ点と点が結びつき、知識が広がっていくのだと思います。

どのビデオか忘れてしまいましたが、「特許明細書に最初に登場するのではない」は大きなヒントになりました。

実験医学の次号はミニ臓器・オルガノイドのようですので、
こちらは買うことは決めています。毎号を読みきる自信はありませんが、
定期購読・・・した方がいいかな。

関連記事

  1. レバレッジ特許翻訳講座

    意地でも勉強する

    仕事でどんなに時間を取られても、意地でも対訳はやる!と決めました。…

  2. レバレッジ特許翻訳講座

    得意分野を決めるために

    1525、1527のビデオを視聴して:3Mの対訳と、メディカルをか…

  3. レバレッジ特許翻訳講座

    10年日記

    レバレッジ特許翻訳講座の衝撃が大きすぎて、引き込まれるようにみています…

  4. レバレッジ特許翻訳講座

    アクリル系粘着剤に興味がわく

    3M シリーズ:76、77、CV関連:1066 2h粘着剤や材料系…

  5. レバレッジ特許翻訳講座

    専門分野は

    メディカル、化学にしようと思います。この2分野は初見で見る用語も抵…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

アーカイブ

PAGE TOP