レバレッジ特許翻訳講座

この一ヶ月、最も衝撃的だったこと

これまで仕事をいただいた際に、それに関する書籍を購入し、全体をざっくり理解、調べながら仕事に取り組む、ということはしてきました。しかし、あるテーマを調べ、そこで出て来たキーワードをさらに調べる、さらに最初のキーワードと次のキーワードを組み合わせて調らべる、これを繰り返すことで、知識を広げていく。この発想のなかった自分をこの一ヶ月責めていました。露天掘学習法はあまりに衝撃的で、またショッキングなものでした。

これはらせん階段に例えた話にも通じますが、露天掘学習法を実践し続ければ、常に強いモチベーションを維持できます。このマインドで学習に臨むことで、前進を感じられ、それがさらに学ぶエネルギーとなり、それにより目指すべき高みを意識し続けることができます。

先月はこれからの一年を想像して吐き気のような感覚を覚えることもありました。それほど結果を出さねばというプレッシャーが大きいのだと思います。

一年先でも二年先でもなく、今、露天掘学習法とらせん階段の概念について知ることができて本当に本当に良かったと思っています。

 

 

関連記事

  1. レバレッジ特許翻訳講座

    アクリル系粘着剤に興味がわく

    3M シリーズ:76、77、CV関連:1066 2h粘着剤や材料系…

  2. レバレッジ特許翻訳講座

    これから世に出る特許を先読みする

    「特許は先に出ない、先に世に出るのは専門誌、学会だ」これについて数…

  3. レバレッジ特許翻訳講座

    CVを書こう

    8/13 3M 0078、関連資料読み込み⇒関連資料を読むことで、…

  4. レバレッジ特許翻訳講座

    トイレに行くのも忘れるビデオ講座

    主に夜にビデオを視聴しています。参考になること、思いつかなかったこ…

  5. レバレッジ特許翻訳講座

    勉強する体制を整える

    レバレッジ特許翻訳講座の受講開始後、やる予定であったものの今はできなく…

  6. レバレッジ特許翻訳講座

    これが背水の陣か

    レバレッジの勉強時間をなかなか捻出できず悩んでいました。今の勉…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

アーカイブ

PAGE TOP