勉強

対訳にもマインドマップを活用

リサーチの過程でひろいきれないキーワードについても、マインドマップに落とし込んでいくことにしました。こうすることで、一つの明細書の対訳収集を終えた時に、バルーンカテーテルがどれだけの広がりを持ち、どの分野とつながっているのか俯瞰できます。

調べた情報はノートを見れば確認できますが、関係図を見える化できるのがマインドマップのすごいところですね。

今取り組んでいる明細書が完了したら、マインドマップもブログにアップする予定です。

本日約2時間で200word。
こうやって処理するのかあ、上手な訳だなあとうなっていたら、訳抜けを発見しました。本当にあるのですね・・・

関連記事

  1. 勉強

    今週中にボストン対訳を終わらせたい

    今日は300wをさくっとやるつもりが、バルーンの中のコイルをフルオロポ…

  2. マインドマップ

    当接するローラ間に働く摩擦力、慣性力の向きは・・・

    明細書では摩擦力、慣性力など、当業者にとって当たり前のことは、慣性力、…

  3. マインドマップ

    溶けるということ -塩化ナトリウムと砂糖が水に溶ける理由-

    電離、溶解の概念について、誤解、理解が不足しているところがありました。…

  4. 勉強

    展示会へ毎月行こう🎵

    JASISに参加したことで、目覚めました。展示会へ毎月行こう!…

  5. マインドマップ

    重合に関するマインドマップ

    昨日、Bio Japan 再生医療展に行ってきました。改めて記事にしま…

  6. 勉強

    再生医療を得意分野に

    メディカル、特に再生医療が得意分野だと自信を持って言えるように、書籍を…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

アーカイブ

PAGE TOP