勉強

対訳にもマインドマップを活用

リサーチの過程でひろいきれないキーワードについても、マインドマップに落とし込んでいくことにしました。こうすることで、一つの明細書の対訳収集を終えた時に、バルーンカテーテルがどれだけの広がりを持ち、どの分野とつながっているのか俯瞰できます。

調べた情報はノートを見れば確認できますが、関係図を見える化できるのがマインドマップのすごいところですね。

今取り組んでいる明細書が完了したら、マインドマップもブログにアップする予定です。

本日約2時間で200word。
こうやって処理するのかあ、上手な訳だなあとうなっていたら、訳抜けを発見しました。本当にあるのですね・・・

関連記事

  1. 勉強

    ウォーターズのセミナーに申込みました。

    9月28日 バイオセパレーションセミナー東京はラボツアー付き!…

  2. 勉強

    MEMS人材育成事業基礎講座

    無料で受講できるとのことで申し込んでみました。MEMS人材育成…

  3. 勉強

    急がば回れ

    講座のビデオは大量にあるので、最初は見たものをノートに記録していました…

  4. 勉強

    受講開始から3ヵ月半

    受講開始から3ヵ月半が経ちました。1日の勉強時間は平均3時間。…

  5. 勉強

    明細書を理解する難しさ

    昨日の記事で書いたウォーターズのセミナーは「ご参加いただけません」と連…

  6. マインドマップ

    必要な時に簡単にはがせる接着剤

    理論化学の勉強で、「電気陰性度」の特許を探していたときに、見慣れない言…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP