勉強

対訳にもマインドマップを活用

リサーチの過程でひろいきれないキーワードについても、マインドマップに落とし込んでいくことにしました。こうすることで、一つの明細書の対訳収集を終えた時に、バルーンカテーテルがどれだけの広がりを持ち、どの分野とつながっているのか俯瞰できます。

調べた情報はノートを見れば確認できますが、関係図を見える化できるのがマインドマップのすごいところですね。

今取り組んでいる明細書が完了したら、マインドマップもブログにアップする予定です。

本日約2時間で200word。
こうやって処理するのかあ、上手な訳だなあとうなっていたら、訳抜けを発見しました。本当にあるのですね・・・

関連記事

  1. 勉強

    valved conduits(弁付き導管)に位置するものは

    ステント付き人工心臓弁に時間がかかっています。450w/6000w…

  2. 勉強

    即戦力エンジニア養成講座申込み

    即戦力エンジニア養成講座に申し込みました。来週以降になりますが…

  3. 勉強

    アプローチを変えて再考しよう

    ボストン対訳が残すところ請求項のみとなりました。(最初に詳細以降か…

  4. 勉強

    実験医学を定期購読

    実験医学の定期購読をしようか迷っていましたが、2015年のこの号を読ん…

  5. マインドマップ

    朝6時、腑に落ちる

    マインドマップ作成で感じた気づきを2点。①「わかる」「見たこと…

  6. 勉強

    計画の修正

    管理人さんのスカイプコンサルを受けました。ぶれていた自分、甘か…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP