勉強

対訳にもマインドマップを活用

リサーチの過程でひろいきれないキーワードについても、マインドマップに落とし込んでいくことにしました。こうすることで、一つの明細書の対訳収集を終えた時に、バルーンカテーテルがどれだけの広がりを持ち、どの分野とつながっているのか俯瞰できます。

調べた情報はノートを見れば確認できますが、関係図を見える化できるのがマインドマップのすごいところですね。

今取り組んでいる明細書が完了したら、マインドマップもブログにアップする予定です。

本日約2時間で200word。
こうやって処理するのかあ、上手な訳だなあとうなっていたら、訳抜けを発見しました。本当にあるのですね・・・

関連記事

  1. 勉強

    JASISで参加予定の講演・企業プレゼン

    JASISに申し込みました(期限ぎりぎり・・・)9/7(木)に…

  2. 勉強

    翻訳祭申込みました

    忘れないうちに翻訳祭に申し込みました。プログラムを見ていて、知…

  3. マインドマップ

    溶けるということ -塩化ナトリウムと砂糖が水に溶ける理由-

    電離、溶解の概念について、誤解、理解が不足しているところがありました。…

  4. 勉強

    実験医学を定期購読

    実験医学の定期購読をしようか迷っていましたが、2015年のこの号を読ん…

  5. 勉強

    化学が止まらない

    今週、ある1日、マイナスなことばかり考える日があり、おかしいなあと思っ…

  6. 仕事

    応募するしかない!!

    私が得意分野にしたい分野×英語で、特許翻訳の募集がありました。再生…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク
PAGE TOP