勉強

明細書を理解する難しさ

昨日の記事で書いたウォーターズのセミナーは「ご参加いただけません」と連絡がありました。。。機器を使用する予定のある方を優先されるためとのこと。「前日に空きがありましたら参加させてください」とダメ元でお願いしました。

***

ボストンサイエンティフィック社の対訳が65%まできました!
細かい構造、仕組みについてはすべてクリアにできず、調べても解決できない用語についてはノートに疑問点をメモし、寝かせることにしました。

次の自力対訳もボストンサイエンティフィック社の関連する明細書にする予定なので、そこにもわからない用語が登場するはずなので、徐々にわかっていくのではないかと思います。

英文にスラッシュ入れながら(できるところは)口頭でぶつぶつ訳出した後に日本文を見る、という進め方をしています。秀丸で英日の対訳を取っていくときに文構造や、「to」の訳す順番などをチェックしています。英語に苦手意識があるため、最初にいったん自分で考えてみる、というプロセスを介することで対訳取りが英語の勉強にもなっています。

今足りないなと感じるのは、定形パターンが続き、図を参照しながら自分でも訳出できたとしても、その意味するところを理解できない箇所があること。頭の中にイメージしきれないのです。「特許明細書で大事なのは自分でペンを使って図解できることだ」という言葉を思い出しました。確かにこれができるようにならなければ、訳出できても理解できません。一番の壁はここではないかと思っています。

9/12 ボストンサイエンティフィック社対訳 549w(1.5時間)

関連記事

  1. 仕事ノート・勉強ノート

    ノート作成についての気づき

    知っている≠実践できる、わけではないことの1つがノートのまとめ方。…

  2. 勉強

    食塩を水に溶かすと凝固点降下が起こる理由 ー水和と水素結合から考えるー

    このブログでは、私が勉強時に引っかかったり、すぐに理解できなかったこと…

  3. マインドマップ

    朝6時、腑に落ちる

    マインドマップ作成で感じた気づきを2点。①「わかる」「見たこと…

  4. マインドマップ

    3Dプリンタから広がるテーマ

    poli-Studioの野崎さんの解説が気に入り、繰り返し聞いています…

  5. 勉強

    少し解けてきた・・・

    バルーンカテーテルの明細書で謎だったところが少しずつ解けてきました。…

  6. 勉強

    翻訳祭申込みました

    忘れないうちに翻訳祭に申し込みました。プログラムを見ていて、知…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

アーカイブ

PAGE TOP