1. TOP
  2. 勉強
  3. 少し解けてきた・・・

少し解けてきた・・・

勉強 対訳勉強200本
 

バルーンカテーテルの明細書で謎だったところが少しずつ解けてきました。
昨日のビデオで教えていただいた、まず推測する→調べる、を意識しています。この明細書の対訳を取っている間、考えているつもりで、実は木ばかりを見て森を見ていない状態であったことに気づきました。知らない化学物質の特性を調べるのも大事ですが、図解できること、全体を俯瞰できることが本当に大切ですね。。

一旦、バルーンカテーテルで以前に公開された明細書を読み、再度今回の明細書を読むことで、少し解けてきた気がします。もう少し取り組んでみます。

今回の明細書は請求項が対訳になっていないことが発覚。ここで対訳はストップします。今回やった明細書の謎解きをしながら、次は原始的なバルーンカテーテルの明細書で対訳勉強しようと思います。この明細書は、従来の技術、解決したい課題がわかりやすく記載されていました。対訳素材を選ぶ上で、より新しいものがいいと思っていましたが、従来の技術を理解するために、原始的なもの➡新しいもの、と進める方がいいのかもしれません。今頃気づきました。。

まず候補の明細書で英訳をDLできるか見てみます。
わかるようになる喜びで胸が熱いうちに、3本目の対訳へ!

\ SNSでシェアしよう! /

Ayumi Office ー特許に魅せられてーの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Ayumi Office ー特許に魅せられてーの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

コメントを残す


この人が書いた記事

  • 音声入力ソフト「Simeji」でブログを書いてみた

  • 出口式みらい学習教室に入会を決めました

  • 特許翻訳者が展示会に参加して得た気づき

  • 情報発信塾に参加します

関連記事

  • 視界が少し開けてきた

  • 翻訳祭申込みました

  • 未来の実績表作成中

  • 必要な時に簡単にはがせる接着剤 -解体性接着剤ー

  • 手で書けば混成軌道も怖くない

  • 対訳勉強で課題を見つける