マインドマップ

朝6時、腑に落ちる

マインドマップ作成で感じた気づきを2点。

①「わかる」「見たことある」「推測できる」ことが増える喜び
亀の歩みですが、日々成長を実感しています。
例えば、対訳用の明細書を探していて、発明者に「石原一彦」という名前を見て、「MPCポリマーのことかな?」と推測できたり、
iPS関連の明細書を探していて、解決したい課題が「腫瘍化の解決か」「未分化細胞を取り除く方法か」など、何がポイントなのか読む前に少しでも推測できたり。

前回アップしたiPS細胞のマインドマップに取り掛かる前、iPS細胞については4つの遺伝子を使うこと以外知りませんでした。明細書にやたら登場するOct3/4やらc-Mycの英語に引いていましたが、今では「c-Myc」なのか「L-Myc」なのか最初に意識して確認するようになり、私にとって大きな変化です。そしてこれがモチベーションをさらに高めてくれるのです(^^)

②先延ばししても実案件でいずれ調べるのだから、それなら今やる
今朝読みこんだ資料は、以前リサーチの時にも目にしていましたが、印刷していませんでした。当たり前のことですが、同じキーワードで調べれば、同じサイトに出会う確率は高いです。今やっても、将来仕事をいただいた時にやっても、見る内容は同じなんだ、なんだそうか、と腑に落ちました。この納得感、上手に表現できないのですが、「1946_特許翻訳者とマインドマップ」のビデオで「ここから100個マインドマップを作ってみるといい」の真意に近づけた気がしました。

今朝取り組んだものはまだ更新の余地がありますが、アップします。細部にこだわって調べるのも大事、全体像をざっくりつかむのも大事。明日は細胞シート工学をやります。

関連記事

  1. 勉強

    中国語でなくなぜ英語?

    現在、英語の特許翻訳者としてデビューするために勉強しています。(サ…

  2. 仕事

    応募するしかない!!

    私が得意分野にしたい分野×英語で、特許翻訳の募集がありました。再生…

  3. 仕事ノート・勉強ノート

    手で書けば混成軌道も怖くない

    連休中はあまり時間をとれそうにありませんが、目標は100まで化学のビデ…

  4. 勉強

    シュレッダー、『技術者のための特許実践講座』など最近購入したもの

    Amazonでの評価が高かったので買いました。読むのが楽しみです♪…

  5. 勉強

    限られた時間の中で知識の幅を広げていくための工夫

    今回は、私がこの5ヵ月ほどやってみて、これはいいかもしれない、と思った…

  6. マインドマップ

    マインドマップの凄さを垣間見た 

    前回の記事で触れた特許庁の人工臓器に関するレポートをもとにマインドマッ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク
PAGE TOP