勉強

細胞播種  dissemination or seeding

細胞シートの対訳2800/7700まで完了しました。

日本語の明細書を英訳したもので、わかりづらい英語もありますが、岡野先生の明細書を読みこむことに重点を置き、日本語をじっくり味わいます。

対訳収集の過程で、誤訳と思われるものを発見しました。

細胞播種が英訳では”cell dissemination”となっていますが、正しくは”cell seeding”ではないかな。

“cell dissemination”では、癌細胞が種を播いたようにバラバラと広がっていく播種性転移を意味してしまうのではないでしょうか。google画像で調べても、”cell dissemination”は癌の転移に関するもので、細胞培養に使われる「播種」としては”cell seeding”が多かったです。

辞書には播種=dissemination,seedとあるので、最初に出てくるdisseminationを使ってしまったのかな、、、と想像しながら作業していました。

普段から英語の専門誌を読んでいれば、こういうミスは調べなくてもわかるのでしょうね。感覚的におかしいぞ、あれ、みたいな。

関連記事

  1. トライアル

    トライアルに向けて微調整

    P&Gシリーズが終わるのを待っていては、トライアル応募までにや…

  2. 勉強

    調べることを面倒くさがらない

    P&Gシリーズ、17まで見ました。P&Gの前に2本…

  3. 勉強

    その人のレベルは瞬時にわかる

    人工内耳の対訳をしていると、つい以前のやり方で検索してしまうことがあり…

  4. 勉強

    急がば回れ

    講座のビデオは大量にあるので、最初は見たものをノートに記録していました…

  5. 勉強

    中国語でなくなぜ英語?

    現在、英語の特許翻訳者としてデビューするために勉強しています。(サ…

  6. 仕事ノート・勉強ノート

    ライバルは自分

    化学のビデオで勉強するにつれて、ライバル像が他の誰かではなく、自分にな…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP