1. TOP
  2. 勉強
  3. 細胞播種  dissemination or seeding

細胞播種  dissemination or seeding

細胞シートの対訳2800/7700まで完了しました。

日本語の明細書を英訳したもので、わかりづらい英語もありますが、岡野先生の明細書を読みこむことに重点を置き、日本語をじっくり味わいます。

対訳収集の過程で、誤訳と思われるものを発見しました。

細胞播種が英訳では”cell dissemination”となっていますが、正しくは”cell seeding”ではないかな。

“cell dissemination”では、癌細胞が種を播いたようにバラバラと広がっていく播種性転移を意味してしまうのではないでしょうか。google画像で調べても、”cell dissemination”は癌の転移に関するもので、細胞培養に使われる「播種」としては”cell seeding”が多かったです。

辞書には播種=dissemination,seedとあるので、最初に出てくるdisseminationを使ってしまったのかな、、、と想像しながら作業していました。

普段から英語の専門誌を読んでいれば、こういうミスは調べなくてもわかるのでしょうね。感覚的におかしいぞ、あれ、みたいな。

\ SNSでシェアしよう! /

Ayumi Office  翻訳者がブログ飯に挑戦の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Ayumi Office  翻訳者がブログ飯に挑戦の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

コメントを残す


この人が書いた記事

  • 5ヶ月目のブログ運営レポート【売上3万円の壁を超える】

  • 4ヶ月目のブログ運営レポート【最大の敵を倒す】

  • ブログ・YouTubeで批判されたときの対処方法

  • 【7月】ブログ運営報告・初のまとまった売上(毎日更新してから3か月目)

関連記事

  • 限られた時間の中で知識の幅を広げていくための工夫

  • 公開特許の対訳勉強では、原文は英語と日本語どちらのものからやるべき?

  • 書いて覚えたことは書くことでよみがえる

  • 朝6時、腑に落ちる

  • 重合に関するマインドマップ

  • 初・再生医療のお仕事