1. TOP
  2. 勉強
  3. 実案件を通じて 

実案件を通じて 

勉強
 

特許翻訳(中国語)の納品が終わり、再び勉強に戻りました。

感じたこと2点。

まず、公開特許を使った対訳勉強では、最初に面倒くさがらず、深く調べる必要があることを実案件を通して痛感しました。頻出する化学物質なら、最初のうちに徹底的に調べて、構造式までイメージできるくらい深堀しておいた方がいい。いずれまた登場するからです。

出会う機会が増えると、「わかったつもり」にはなるのですが、実際はわかっていません。

現在取り組んでいる細胞シートの明細書は、ようやく4300/7700まで来ました。
リビングラジカル重合を避けて通れないことを悟るに至ったので、リビングラジカル重合についてマップ化しようと思います。いい加減、「岡野の化学」にも着手した方がよさそうです。

2点目は、英語も中国語も、和訳ならば手段となる言語は関係ないこと。
言語以前の問題として、コンテクストを理解できるか、技術内容を理解できるか、図を見て理解できるか、に尽きると思います。ならば英語でもどんどんトライアルに挑戦して、課題を見つけ、成長を加速させるのが一番だと思いました。

\ SNSでシェアしよう! /

Ayumi Office ー特許に魅せられてーの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Ayumi Office ー特許に魅せられてーの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

コメントを残す


この人が書いた記事

  • 【100記事達成によるアクセスの変化】オウンドメディアのスタート地点に立つ

  • あと1記事でスタートライン

  • 過去の自分を否定するのは間違っていたと思う

  • 【宣言】脱翻訳します

関連記事

  • 【再生医療展に向けて】iPS細胞のマインドマップを作成

  • 3Dプリンタと共に年明け

  • 医療に応用される浮力 ガイドワイヤー

  • 男女の出会いについて「真剣に」考えてみた

  • 再生医療叢書(全8巻)を読む (3月20日までに)

  • 理系大学へ進学したのに高校の化学は独学で習得