知識は命を救う

スポンサーリンク

今年になってから、仕事で大量の医学書を購入し、書籍に囲まれて知識をインプットしてきました。正しい医療知識、最低限の医療知識は自分と家族の命を救うと強く感じます。

疾患の症状や進行に応じた症状の変化を知っておけば、家族自身が気づいていない異変に手遅れにならないうちに気づいてあげられると思います。病気のサインは何気ない一言に隠れているものです。

正しい知識があれば、自主的に健診に行く人も増え、医療費削減につながると思います。

今はできませんが、3年後くらいに医療知識を広める啓蒙活動をやれたらなあと思いました。

医学を学べば、自分の身体もいたわるようになります。
今週は身体が本調子ではないようで、昨日も今日も朝起きられませんでした。5、6回鳴るようセットされた目覚ましに反応できませんでした。仕事と勉強の進捗が遅れるのは悩ましいですが、今数時間を取るよりも、身体の声に耳を傾ける方が大事、と医学書を開きながら感じた1日でした。

スポンサーリンク

最初のコメントをしよう

任意