対訳勉強200本

人工内耳の対訳開始

週末は新しい明細書の対訳に取り組んでいました。

10/21〜22 人工内耳① 4000ワード 0%→10%

後ろのノルマが決まっているのでさくさく進めたかったのですが、誤訳が散見され、訳し直しに時間がかかっています。

人工内耳について学ぶのは今回が初めて。それなのに、講座で学んだアプローチを実践することで、すぐに訳者がどの程度の理解レベル、調査量で翻訳に取り組んだのかわかりました。これは医療が私の得意分野であることも関係していると思います。別の分野だったら、事前準備を一通り終えるのにもっと時間がかかるはず。

自分が攻めていきたい分野の現在の翻訳レベルを把握することも対訳勉強の狙いです。

日頃から当業者が読む文書を大量に読んでおくことは本当に大事。これも後々じわじわと効いてくるのだろうと確信しました。

 

関連記事

  1. 勉強

    ストーカーする相手

    「2093_学会情報の活用術」のビデオセミナー、大変勉強になりました。…

  2. 対訳勉強200本

    対訳85%まで

    請求項と一部を残すのみとなりました。専門用語を修正したり、ステ…

  3. 対訳勉強200本

    対訳勉強で課題を見つける

    公開特許の訳文を使って対訳勉強していると、間違えやすい構文や訳しにくい…

  4. 対訳勉強200本

    解剖学から物理、そして再生医療まで

    今週1週間の勉強時間の合計は、先月の合計にほぼ相当しました。まとま…

  5. 対訳勉強200本

    新しい対訳スタート

    新しい対訳(医療機器)を開始しました。次の対訳でやろうと思って…

  6. トライアル

    対訳7本目完了 

    7本目は分量がかなり少なく、3600ワードでした。対訳取りは完…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP