勉強

ストーカーする相手

「2093_学会情報の活用術」のビデオセミナー、大変勉強になりました。

早速、誰をストーカーしようか考えています。
山中伸弥先生、岡野光夫先生、澤芳樹先生・・・
いずれかの先生の特許明細書を全て読むことから始めようと思います。

人工内耳は65%まで。
現在の対訳勉強では、公開訳文に結構手を加えています。
原文にも誤記、表記のゆれがありますね。図の番号で、原文ミスがそのまま訳文にも反映されていました。

英語は業界全体で翻訳レベルが中国語よりもはるか上だとばかり思っていましたが、今回の公開訳文を見る限り、言語間にそんなに大きな開きはないかもしれないと思いました。まだ参入できる余地は十分にあるのでは、という励みになる収穫を得られました。公開特許を活用する学習は、勉強にもなりますし、知識レベル・翻訳レベルにおいて自分の立ち位置を把握するのにも役立ちます。

関連記事

  1. 仕事ノート・勉強ノート

    化学が止まらない!

    有機化学が終わり、理論化学に入りました。個人的には有機化学より取り組み…

  2. 仕事ノート・勉強ノート

    手で書けば混成軌道も怖くない

    連休中はあまり時間をとれそうにありませんが、目標は100まで化学のビデ…

  3. 勉強

    その人のレベルは瞬時にわかる

    人工内耳の対訳をしていると、つい以前のやり方で検索してしまうことがあり…

  4. 仕事ノート・勉強ノート

    明細書先読みトレーニング

    ベンゼン環に置換基がある場合のニトロ化の反応を例に、本を見なくても共鳴…

  5. 勉強

    実案件を通じて 

    特許翻訳(中国語)の納品が終わり、再び勉強に戻りました。感じた…

  6. 対訳勉強200本

    新しい対訳スタート

    新しい対訳(医療機器)を開始しました。次の対訳でやろうと思って…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク
PAGE TOP