仕事

Tradosおそるべし

実案件で初めてTradosを使っています。

発明の詳細から訳し、最後に請求項を訳しました。既に訳し終えたところがでてくるので後半になるとスピードが上がりますし、メモリの差分表示からミスも発見できました。

1本目は3300字で8時間。
初めての分野なので、半分近くリサーチに費やしました。
Tradosに慣れないながらも、Tradosを使わない場合よりも早く終わったと思います。
また類似案件がきたら、翻訳スピードがもっとあがっていくんですね。Tradosに感動。

マルチタームがなぜか認識されないというエラーを未だ抱えているので、これを解決してから次に進みたいと思います。

藪内さんのTrados大全集、講座のビデオ、SDL社の無料ウェブセミナーで私もなんとか使えるようになりました。

個人的にはSDL社のウェブセミナーだけでもマスター可能だと思います。
SDL無料ウェブセミナー
第1回目「翻訳メモリの概要」を途中まで見た後、藪内さんの大全集、講座のビデオでわかるようになりました。使いこなしたいのでSDLのウェブセミナーもちょくちょく見ていきたいです。

関連記事

  1. 仕事

    大型案件始まる

    約4ヵ月にわたる大型案件がスタートしました。緊張と、嬉しさと、…

  2. 仕事

    あともう少し

    以前の記事で書いた未完了の仕事、終わりが見えてきました。あともう少…

  3. マインドマップ

    マインドマップは作る過程に意味がある

    仕事でノートを作る余裕がない時でも、XmindProを使えば、短時間に…

  4. 仕事

    中日特許翻訳を始めて半年

    私が中日特許翻訳の仕事を初めていただいたのは去年の秋。半年経ちました。…

  5. 仕事

    子どもにだってわかってもらう必要がある

    朝型生活にシフトして1ヵ月近くになります。朝型にシフトした最大…

  6. 仕事

    Tradosが威力を発揮するとき

    分納ですでに専門用語がマルチタームに登録されていたこともありますが、…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク
PAGE TOP