1. TOP
  2. 仕事
  3. Tradosおそるべし

Tradosおそるべし

仕事
 

実案件で初めてTradosを使っています。

発明の詳細から訳し、最後に請求項を訳しました。既に訳し終えたところがでてくるので後半になるとスピードが上がりますし、メモリの差分表示からミスも発見できました。

1本目は3300字で8時間。
初めての分野なので、半分近くリサーチに費やしました。
Tradosに慣れないながらも、Tradosを使わない場合よりも早く終わったと思います。
また類似案件がきたら、翻訳スピードがもっとあがっていくんですね。Tradosに感動。

マルチタームがなぜか認識されないというエラーを未だ抱えているので、これを解決してから次に進みたいと思います。

藪内さんのTrados大全集、講座のビデオ、SDL社の無料ウェブセミナーで私もなんとか使えるようになりました。

個人的にはSDL社のウェブセミナーだけでもマスター可能だと思います。
SDL無料ウェブセミナー
第1回目「翻訳メモリの概要」を途中まで見た後、藪内さんの大全集、講座のビデオでわかるようになりました。使いこなしたいのでSDLのウェブセミナーもちょくちょく見ていきたいです。

\ SNSでシェアしよう! /

Ayumi Office ー特許に魅せられてーの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Ayumi Office ー特許に魅せられてーの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

コメントを残す


この人が書いた記事

  • 子どもの教育について

  • 3Dプリンタの展示会に向けて

  • 学習を情報発信と連動させてみる

  • google patentを利用して足りない英語力を補う

関連記事

  • 什么叫液气平? 中日医薬翻訳における訳語確定

  • 診断書翻訳

  • 1つの案件でノート1冊

  • 今月は頑張りどころ

  • 2018年の振り返りと来年に向けて

  • フリーランスになって良かったこと 会議からの解放