仕事

夏から秋にかけて一番不安だったこと

今年の夏に、別の仕事のために契約している翻訳会社にお休みの連絡をするときは、怖かったです。

再開した後、仕事が来なくなるのではという不安。4ヶ月間、翻訳の仕事を受けられない焦り、周りにおいていかれる焦りもかなりありました。

でも他に選択肢がなかったので思い切って一社を除き、すべてお断りしました。その期間中に感じていた焦り、不安はすべて講座の勉強へのエネルギーに変換していました。

最近、再開の連絡をした時もソワソワしていました。

(まだすべてご連絡していませんが)再開して1週間。幸い仕事の打診をいただけているので今のところ胸をなでおろしています。これからどうなるかまだわかりませんが、夏に長期間のお休みを取ることを決意したとき、悪い方に転んでしまったら英語の特許翻訳で仕事を取り直せばいいじゃないか、と自分に言い聞かせました(これまでは仕事は中国語だけです)。

今日も新規の打診をいただきました。先日無理してノート作成したのと同じ分野の仕事でした。こういうのって励みになります。納期的に厳しかったで、可能な納期を相談してみました。発注になりますように!

関連記事

  1. 仕事

    ブログを通じた出会い

    翻訳をされている方たち数名とランチをしました。みなさん、翻訳者…

  2. 仕事

    今年も後半へ

    今年も半分が過ぎましたね。人が言うのも聞いて思い出しました。もう7…

  3. 仕事

    疾患名の用語リサーチにICDコードを活用

    中国語では専門用語の特定に辞書で対応できることが少なく、世界共通のガイ…

  4. 仕事

    新規案件がきた

    今抱えている仕事のために、10月末まで取引先にお休みのご連絡をしていま…

  5. 仕事

    特許翻訳:プリンタ案件再び

    いつも依頼いただいている会社から、新規の依頼をいただきました(中日翻訳…

  6. 仕事

    小児科領域の勉強に

    愛用している「病気がみえるシリーズ」は一通りそろえましたが、小児科テキ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク
PAGE TOP