仕事

夏から秋にかけて一番不安だったこと

今年の夏に、別の仕事のために契約している翻訳会社にお休みの連絡をするときは、怖かったです。

再開した後、仕事が来なくなるのではという不安。4ヶ月間、翻訳の仕事を受けられない焦り、周りにおいていかれる焦りもかなりありました。

でも他に選択肢がなかったので思い切って一社を除き、すべてお断りしました。その期間中に感じていた焦り、不安はすべて講座の勉強へのエネルギーに変換していました。

最近、再開の連絡をした時もソワソワしていました。

(まだすべてご連絡していませんが)再開して1週間。幸い仕事の打診をいただけているので今のところ胸をなでおろしています。これからどうなるかまだわかりませんが、夏に長期間のお休みを取ることを決意したとき、悪い方に転んでしまったら英語の特許翻訳で仕事を取り直せばいいじゃないか、と自分に言い聞かせました(これまでは仕事は中国語だけです)。

今日も新規の打診をいただきました。先日無理してノート作成したのと同じ分野の仕事でした。こういうのって励みになります。納期的に厳しかったで、可能な納期を相談してみました。発注になりますように!

関連記事

  1. 仕事

    今週は特許ウィーク

    今週は特許翻訳の割合が高めです♪(自社比)朝:特許翻訳トライア…

  2. 仕事

    知識は命を救う

    今年になってから、仕事で大量の医学書を購入し、書籍に囲まれて知識をイン…

  3. 仕事

    新規案件

    新たに特許翻訳の仕事をいただきました(中国語)。これまでと違い明細…

  4. 仕事

    正式依頼にならなくて安心するとき

    コーディネータから未確定案件の打診があり、回答後に正式依頼とならずほっ…

  5. 仕事

    案件ノートを作成する

    レバレッジ講座に出会うまで、案件ノートを作成するという発想がなかったこ…

  6. 仕事

    新規分野が来るのが嬉しい

    今日は2件、新規翻訳の依頼がありました(中国語)。面白いことにどち…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP