1. TOP
  2. 仕事
  3. トライアル
  4. このトライアルに悔いなし

このトライアルに悔いなし

トライアル
 

トライアルを提出しました。

これまでに取り組んだトライアルの中で、一番頑張りました。
ベストを尽くしたので、あとは結果を待つのみ。

講座に出会う前に、4回英語のトライアルを受験したことがありますが、
今振り返ると、今回の本気度が100なら、以前は5でした。
中国語は10回以上受けたことがありますが、本気のつもりでしたが浅かったです。

<流れの振り返り>
内容把握

対訳収集(時間の関係で明細書1本を半分のみ)
類似特許を読む

訳出・内容把握

訳出完了

印刷して一語一語のチェック×3回

印刷して全体の流れをチェック×4~5回

技術的内容を関連論文から裏どり(一部)

スタイルチェック×3回

印刷して確認

提出

疲れました・・・・

トライアルを受験した感想としては、
実際の案件に限りなく近い実践の場だということ。
対訳素材を使った勉強の時、なんて取り組み方が甘かったんだろうと思いました。
今回くらいの緊迫感ですべての勉強に取り組んでいかないといけないですね。
受講4ヵ月の時点で挑戦して良かったです。

また、日頃から、深く勉強しておく必要性を何度も痛感しました。
知識があれば、タイトルを見て短時間で想定できたことにたどり着くまで、かなりの時間を要しました。学会誌や定期購読している雑誌は読んでいますが、毎号、最低1つの論文を精読する必要がありますね。新規案件の度に大量のリサーチをしていたら、納期によっては対応できません。今回のトライアルを一通り終え、提出前に再生医療学会誌や実験医学をパラパラめくってみたら、わかること、わかる用語が増えていたのには驚きました。トライアルって受けるメリットばかりですね!受験したおかげで、知識の幅が(特定分野においてですが)一気に広がった感じがあります。化学の勉強、対訳を使った勉強、学会誌などの精読、専門誌を英語で読む、、、など課題がたくさんわかったので、引き続きがんばります。

\ SNSでシェアしよう! /

Ayumi Office ー特許に魅せられてーの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Ayumi Office ー特許に魅せられてーの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

コメントを残す


この人が書いた記事

  • 破壊的アウトプットへ

  • ある翻訳者のひらめき 選ばれる翻訳者になるための方法とは?

  • 苦手だけど好きなこと 

  • トヨタの技術に注目!縁の下の力持ち 排ガス浄化に欠かせない触媒コンバータ

関連記事

  • トライアルスタート

  • トライアル1社目提出

  • Tradosトラブル

  • 対訳7本目完了 

  • トライアルに向けて微調整

  • トライアル2社目