仕事

これは大事な案件かもしれない

トライアルそっちのけで、中国語の特許翻訳に集中しています。
どちらも大事ですが、トライアルよりも実案件が大事なのは言うまでもありません。

こちらの会社から依頼をいただく量が増えてきました。
最初は請求項のみ、次に短めな明細書を複数、今回は今までで一番長い明細書を1本。
提示される納期も短めになってきました。
今回こそが本当のテストではないかと思い緊張しています。。

特許翻訳で難しいのは、知識が問われるものではなくて、図解できるかどうかだと感じています。
まだ慣れないので、ノートに貼った図面と照合させながら、ここがこうなってこうなるのかな、と
想像しながら訳しています。

分野は前回と同じ。
この分野を英語でも深堀してもいいかもしれないな、と思い始めています。

会社訪問時に色々聞けたらいいですね。

それにしても、私は請求項と図面だけで特許の内容をイメージできるようになるのだろうか。
図解する、イメージする、これが私にとって特に難しいことかもしれません。

関連記事

  1. トライアル

    トライアル提出

    これまでほぼ医薬分野で翻訳を受注してきましたが、私がこれまでやって…

  2. 仕事

    来月

    今週末は夫が2日とも仕事で不在なので、日中は子どもと一緒に遊んでいます…

  3. 仕事

    名刺作成完了

    名刺を作成しました。翻訳祭に間に合いそうです。良かった・・・d…

  4. 仕事

    新規分野が来るのが嬉しい

    今日は2件、新規翻訳の依頼がありました(中国語)。面白いことにどち…

  5. 仕事

    診断書翻訳の難しさ

    今月はカルテ・診断書翻訳(中日翻訳)の依頼がたくさんあります。…

  6. 仕事

    勉強不足を実感

    案件を通じて、勉強不足であることや、このままでは危険だぞという黄色信号…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP