1. TOP
  2. 仕事
  3. トライアル
  4. チャンス到来!?

チャンス到来!?

トライアル 勉強
 

中国語でお取引のある翻訳会社の担当者にご挨拶メールを送る際、実績表も添付してみたところ、
ご丁寧に担当者に回してくださったようで、「英日のトライアルを受けませんか」とご連絡をいただきました。とてもありがたいです。

しかも、分野は医療。
HPを見る限りこの分野での募集はないので、HPだけからは読み取れない内部の動きがあるのかもしれません。

この1,2ヵ月、アプローチした会社の中で、
英語で応募→中国語もトライアルいかが?
中国語で応募→英語もトライアルいかが?
ということが何度かありました。

条件が合わずに辞退したところもありますが、
私としては、「どちらもできる=どちらも中途半端な人」という印象を与えないように、
応募の際は、どちらかの言語に絞りつつ、CVにさりげなくもう1つできることを書くようにしています。
アピールはしていないのですが、1/3くらいで今のところ、もう一つの言語でも声をかけていただいています。

最近では、
英日トライアルやって、
英日対訳やって、
中日翻訳やって、
日中翻訳やって、
という感じで、両言語の並行に少しずつ慣れてきました。

英日でまず安定稼働するのが目標ですが、中国語はやっぱり読解速度も日→中の変換も英語よりずっと早いので、
こちらも落とさずキープしていきたいと思います。

\ SNSでシェアしよう! /

Ayumi Office ー特許に魅せられてーの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Ayumi Office ー特許に魅せられてーの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

コメントを残す


この人が書いた記事

  • 音声入力ソフト「Simeji」でブログを書いてみた

  • 出口式みらい学習教室に入会を決めました

  • 特許翻訳者が展示会に参加して得た気づき

  • 情報発信塾に参加します

関連記事

  • google patentを利用して足りない英語力を補う

  • 3Dプリンタから広がるテーマ

  • トライアル提出

  • 公開特許の対訳勉強では、原文は英語と日本語どちらのものからやるべき?

  • 1つの分野が多様な分野につながっている

  • 溶解度積と指示薬も特許で使われていて、興味深い