対訳勉強200本

新しい対訳スタート

先日のトライアルの反省をうけて、新しい対訳を開始しました。

トライアル課題の1つに超音波診断装置に関するものがあり、原理を理解するのに苦労したのです。実案件では十分に理解していないととても太刀打ちできないと感じ、トライアルの復習もかねて、対訳テーマに選びました。

講座の対訳シリーズがなかなか進みませんが、この1ヵ月は超音波診断装置と微小環境を中心に、+岡野の化学でいきたいたいと思います。

超音波の対訳はスピードは気にせず、原理の理解を最優先させます。

関連記事

  1. 勉強

    少し解けてきた・・・

    バルーンカテーテルの明細書で謎だったところが少しずつ解けてきました。…

  2. 対訳勉強200本

    公開特許の翻訳レベル

    今取り組んでいる人工内耳の対訳には苦戦しています。もしかしたらとん…

  3. 対訳勉強200本

    人工内耳の自力翻訳開始

    23%まで完了。今回は大変短いものを選びました。本番では1…

  4. 勉強

    P&G対訳シリーズを開始

    4本目の対訳素材として講座のP&Gシリーズを始めました。講座の…

  5. 勉強

    公開特許の対訳勉強では、原文は英語と日本語どちらのものからやるべき?

    現在取り組んでいる細胞シート。5700/7700wまで終わりました。…

  6. 対訳勉強200本

    人工内耳の対訳開始

    週末は新しい明細書の対訳に取り組んでいました。10/21〜22…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP