子育て

雪の日の嬉しかったこと

私にとって慣れない雪、子どもにとって初めて見る雪でした。

保育園の帰り、雪の中、小さい子供が歩いて帰るには遠すぎる距離なので、バスを待っていましたが一向に来ません。「歩いて帰ろうか?」という子供の言葉に、最寄り駅まで歩くことにしました。雪の勢いは強くなる一方で、寒さと顔を襲う雪に子供がついに泣きだしました。

それでも「抱っこ」と言わず、「早く駅に行きたい」と泣きながら頑張って歩きました。

外出時のパンツはまだあまりしていませんが、今日は家に着くまでの1時間、我慢できました。

帰宅時に、身体はすっかり冷えていましたが、雪の中、頑張って歩いた子供の姿がまぶしくて、胸が熱くなりました。

しかし寒さのため、咳が出始めてしまいました。明日お休みになる可能性を考慮して、今夜、明日の分をやります。

関連記事

  1. 子育て

    満足度の高い週末

    週末は、平日よりも自由な時間が減り、勉強したい身としてはストレスが…

  2. 子育て

    大の子供嫌いから大の子供好きへ

    大の子供嫌いで、路上で子供を見ても「ちっこいのがいる」としか思えなかっ…

  3. 子育て

    独学する3歳児

    3歳の子供がひらがなに興味を持ち始めました。始めは「あいうえお…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

アーカイブ

PAGE TOP