トライアル

トライアルスタート

提出日が迫る中、手を付けられないのでは、と焦っていましたが、
8時間ほど時間を捻出できそうです(スケジュール大失敗ですね・・・猛省中)。

限られた時間で全力を尽くし、
結果がどうなれ、この過程で得る知識・気づきを今後に活かしていきます。

課題からあたりをつける

画像検索でイメージ

日本企業の関連特許(詳細部分)を数件読み、背景を高速理解

You tubeで動画視聴

専門用語の確定

ここまでで1時間半。
時間が限られていても、あたりをつける段階で時間を節約できれば
スピードアップは可能だとわかりました。

今回は産業翻訳ですが、技術内容の理解には明細書が使えますね。

この分野も面白いです。
トライアル受けるたびに、視野が広がっていきます。
本当は先にある程度広げておくべきですが、走りながら成長していくしかないので。

関連記事

  1. トライアル

    トライアル提出

    これまでほぼ医薬分野で翻訳を受注してきましたが、私がこれまでやって…

  2. トライアル

    書類選考

    今年になって応募した会社には今のところ中・英とも書類選考は全て通過しま…

  3. トライアル

    トライアル受験で得られること

    英日チェック1件目のトライアルが完了しました。トライアルは受験…

  4. トライアル

    このトライアルに悔いなし

    トライアルを提出しました。これまでに取り組んだトライアルの中で…

  5. トライアル

    英語のトライアル2件目応募

    英日チェッカーのトライアル2件目に応募しました。特許の英日校正…

  6. トライアル

    中国語で最も難しかったトライアル

    これまで中国語の医薬分野を中心に翻訳の仕事をいただいてきました。特許翻…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP