1. TOP
  2. 勉強
  3. valved conduits(弁付き導管)に位置するものは

valved conduits(弁付き導管)に位置するものは

ステント付き人工心臓弁に時間がかかっています。
450w/6000wです。

色々気になる箇所があり、修正しながら取り組んでいます。
すべてを書く時間は取れそうにありませんが、一部をアップしていきたいと思います。
もし自分の勘違いでしたら恥ずかしいですが、それも成長の記録として残していきます(^^)

国際公開番号:WO2010141626
出願番号:JP2012514100

【原文】
the replacement pulmonary valve may be implanted to replace native pulmonary valves or prosthetic pulmonary valves located in valved conduits.

【公開訳】
置換肺動脈弁は、弁付き導管に位置する本来の肺動脈弁又は人工肺動脈弁と置換するために移植されてもよい。

違和感を感じたのは、「本来の肺動脈弁」は「弁付き導管」に位置するのだろうか?ということ。
「弁付き導管」に位置するのは「人工肺動脈弁」ではないか、という仮説で、「弁付き導管」を調べてみました。

明確な定義は見つけられませんでしたが、

弁機能不全が生じたり流出路狭窄が進行した場合には、再手術として右室流出路再建が必要になる。
(略)
現在、多くの先天性心疾患に対する修復手術が可能になり、良好な手術成績が得られるようになっている。その進歩の中で、弁付き導管の開発は複雑な疾患における右室流出路再建を可能にし、手術適応の拡大をもたらした。(略)

従来は人工血管や人工弁を用いた弁付き導管が右室流出路再建に使用されていたが、一定のサイズを要する人工血管や硬い台座にマウントされた人工弁を用いるには、4~5歳程度の年齢まで手術を待機する必要があり、適応が制限される(略)

付き導管としては、柔らかい組織を有する同種、あるいは異種組織が適していると考えられる。その中でも同種肺動脈・大動脈が最も汎用性が高い材料と考えられ、欧米では広く使用されている

上記より、心臓の右心室から肺動脈へ血液が流れる過程(下図の中央水色矢印)に問題のある場合に、
右心室から肺へ向かう血液の流れを改善するために使われる”モノ”であると判断しました。
以前は人工血管や人工弁と併せて使用されていたけれど、
小児にとってはより柔軟性のある同種または異種組織由来のものが望ましい、ということなんですね。

(以前購入した有料画像。ブログでも活用できるなんて!)
ということは、「弁付き導管」に位置するのは「本来の肺動脈弁」ではなく、「人工肺動脈弁」でないかと思います。

原文に戻り、

the replacement pulmonary valve may be implanted to replace native pulmonary valves or prosthetic pulmonary valves located in valved conduits.

「the replacement pulmonary valve」は問題のある本来の肺動脈弁を交換するために移植することもできるし(初めての手術)、以前手術で移植した「人工肺動脈弁」に問題が生じたので、これを交換するために移植することもでき(2回目の手術)、ここでいう「人工肺動脈弁」は「弁付き導管」に位置するよ、ということではないかなと。

ちなみに「native pulmonary valves=本来の肺動脈弁」は、「自己肺動脈弁」ではないかなと思いました。
native=生まれつきもっている、本来の
ということは、「人工」と対比して「自己」がしっくりくるのかなと思いました。

最終的に、冒頭の英文は下記のように修正しました。

【私訳】置換肺動脈弁は、自己肺動脈弁又は弁付き導管に位置する人工肺動脈弁を置換するために移植されてもよい。

※the replacement pulmonary valveを「置換肺動脈弁」とするかについては悩んでおり、後で調べる予定です。

 

\ SNSでシェアしよう! /

Ayumi Office  翻訳者がブログ飯に挑戦の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Ayumi Office  翻訳者がブログ飯に挑戦の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

コメントを残す


この人が書いた記事

  • 5ヶ月目のブログ運営レポート【売上3万円の壁を超える】

  • 4ヶ月目のブログ運営レポート【最大の敵を倒す】

  • ブログ・YouTubeで批判されたときの対処方法

  • 【7月】ブログ運営報告・初のまとまった売上(毎日更新してから3か月目)

関連記事

  • 医療機器は機械で物理で化学だ

  • 対訳勉強で課題を見つける

  • 自分自身で臓器も組織も作れちゃう時代になる!?

  • 対訳85%まで

  • ようやく20%

  • 少しずつ蓄積