対訳勉強200本

少しずつ蓄積

人工心臓弁の対訳600/6000wまで。
150W進めるのに2時間かかってしまいました。
でもしっかり調べて進めると、クリアになることもあり、進んでいる感じがあります。
楽しくてつい派生するものをどんどん調べたくなりますが、時間は有限なので、自分を制しながら進めています。

初めてのテーマなので締め切りを意識しながらも速さを求めず、じっくり。

対訳勉強で、訳語の確定に悩み、学会誌や学会ガイドラインにたどり着いて問題が解決することがあります。当業者の使う言葉と、公開訳文で使われる言葉の差を意識するためには、やっぱり日頃から大量に読んでおくことが大切なんだなあと感じました。

検索の二度手間を割けるために、知子の情報に記録したメモをノートに貼り付けることにしました。
取り急ぎのざっくりメモですが、、、

関連記事

  1. 対訳勉強200本

    対訳85%まで

    請求項と一部を残すのみとなりました。専門用語を修正したり、ステ…

  2. 対訳勉強200本

    新しい対訳スタート

    先日のトライアルの反省をうけて、新しい対訳を開始しました。トラ…

  3. 対訳勉強200本

    対訳4本目完了

    人工内耳の対訳が終わりました。といってもトラドス上で対訳、修正が終…

  4. 仕事ノート・勉強ノート

    終わりが見えてきた

    現在取り組んでいる6本目の対訳、終わりが見えてきました。470…

  5. 勉強

    ストーカーする相手

    「2093_学会情報の活用術」のビデオセミナー、大変勉強になりました。…

  6. 勉強

    公開特許の対訳勉強では、原文は英語と日本語どちらのものからやるべき?

    現在取り組んでいる細胞シート。5700/7700wまで終わりました。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク
PAGE TOP