1. TOP
  2. 対訳勉強200本
  3. ようやく20%

ようやく20%

現在やっている対訳(人工心臓弁)で、昨日解決しなかった問題が、今日学会誌を読んでいたら解決しました!答えはすぐそこにあった、という感じです。

翻訳をいったん離れて、当業者の世界観に近づく努力が必要ですね。

知子の情報に昨日、「これがわからない」をメモしていましたが、今日自分なりにそれに対して答えを書くことができました。

寄り道しながら進んでいる感じがしますが、少しずつわかってくると面白いです。

今日は対訳を取る前に、人工弁について学会誌などを読みました。人工弁の歴史は1960年代にさかのぼりますので、これまでの既知を埋める作業で今は時間がかかってしまいます。人工弁の開発は、外資で特に盛んなようで、人工臓器の学会誌で頻繁に取り上げられています。

森を見ずに木ばかりを見ないように注意しなくては。

今日もノートだけ(一部)

\ SNSでシェアしよう! /

Ayumi Office ー特許に魅せられてーの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Ayumi Office ー特許に魅せられてーの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

コメントを残す


この人が書いた記事

  • 出口式みらい教室の体験授業に参加してきました

  • 最近の仕事状況

  • 音声入力ソフト「Simeji」でブログを書いてみた

  • 出口式みらい学習教室に入会を決めました

関連記事

  • valved conduits(弁付き導管)に位置するものは

  • 人工内耳の自力翻訳開始

  • 血液と接触する医療機器に求められる性質とは?

  • 日本人工臓器学会に入会

  • 産業翻訳から考えられるビジネスの可能性

  • 限られた時間の中で知識の幅を広げていくための工夫