対訳勉強200本

ようやく20%

現在やっている対訳(人工心臓弁)で、昨日解決しなかった問題が、今日学会誌を読んでいたら解決しました!答えはすぐそこにあった、という感じです。

翻訳をいったん離れて、当業者の世界観に近づく努力が必要ですね。

知子の情報に昨日、「これがわからない」をメモしていましたが、今日自分なりにそれに対して答えを書くことができました。

寄り道しながら進んでいる感じがしますが、少しずつわかってくると面白いです。

今日は対訳を取る前に、人工弁について学会誌などを読みました。人工弁の歴史は1960年代にさかのぼりますので、これまでの既知を埋める作業で今は時間がかかってしまいます。人工弁の開発は、外資で特に盛んなようで、人工臓器の学会誌で頻繁に取り上げられています。

森を見ずに木ばかりを見ないように注意しなくては。

今日もノートだけ(一部)

関連記事

  1. 対訳勉強200本

    人工内耳50%まで完了

    人工内耳の対訳、50%まで終わりました。今回は応募の関係でとにかく…

  2. 対訳勉強200本

    人工内耳の対訳開始

    週末は新しい明細書の対訳に取り組んでいました。10/21〜22…

  3. 対訳勉強200本

    新しい対訳スタート

    新しい対訳(医療機器)を開始しました。次の対訳でやろうと思って…

  4. 勉強

    1ヵ月で山中先生の明細書をすべて読む

    今月新たな目標を追加しました。それは、山中伸弥先生の明細書を今…

  5. 対訳勉強200本

    少しずつ蓄積

    人工心臓弁の対訳600/6000wまで。150W進めるのに2時間か…

  6. 勉強

    ストーカーする相手

    「2093_学会情報の活用術」のビデオセミナー、大変勉強になりました。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP