対訳勉強200本

解剖学から物理、そして再生医療まで

今週1週間の勉強時間の合計は、先月の合計にほぼ相当しました。
まとまって勉強できる時間が必要ですね。。。

3月は仕事を朝の3時間で終わらすことも目標にします。

人工弁の対訳、ようやく2500/6000wまでです。

人工弁についてまだ理解が足りないと感じたので、
再生医療学会による再生医療叢書第3巻「循環器」を読みました。
しっかり「弁の再生」という章がありました。

医療機器が及ぶ分野は本当に広いです。

疑問点から色々なブログネタはあるのですが、
自分の中で答えが出ていないものが多く、まず最後まで終えてから取り組みたいと思います。

また、自分で翻訳した時に、構文理解をミスしたもの、いまいちだった訳文は、後でもう一度練習として取り組みたいと思います。これらの箇所は色分けしてマーカーしているので、全て終わった後に、ノートに貼り付けて、今後も見返せるようにしたいと思います。

苦戦していますが、この1本は他の分野に広げる可能性をたくさん含んだ分野なので、焦らず進めたいと思います。

関連記事

  1. 対訳勉強200本

    公開特許の翻訳レベル

    今取り組んでいる人工内耳の対訳には苦戦しています。もしかしたらとん…

  2. 勉強

    valved conduits(弁付き導管)に位置するものは

    ステント付き人工心臓弁に時間がかかっています。450w/6000w…

  3. 対訳勉強200本

    医療機器は機械で物理で化学だ

    人工心臓弁 800/6000wまで。対訳素材で勉強していると、…

  4. 勉強

    少し解けてきた・・・

    バルーンカテーテルの明細書で謎だったところが少しずつ解けてきました。…

  5. 勉強

    対訳3本目完了

    岡野光夫先生の細胞シートの対訳がひとまず完了しました。対訳取りは完了で…

  6. 対訳勉強200本

    ようやく20%

    現在やっている対訳(人工心臓弁)で、昨日解決しなかった問題が、今日学会…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP