仕事ノート・勉強ノート

終わりが見えてきた

現在取り組んでいる6本目の対訳、終わりが見えてきました。

4700/6600wまで。

英文を翻訳するときに、自分が悩むポイントがわかってきました。
対訳勉強で翻訳練習すると、到達すべきゴールとの差がありすぎて、凹むこともあるのですが、終わりが見えてくると気持ちが上向きになります。

95%マッチが出たときは救われたような気持ちになりました(嬉)。

ちょっと時間がかかりすぎかしら。。。と悩みつつ取り組んでいましたが、2回目に類似特許で対訳勉強した時に、どれくらいスピードアップできるかを確認してから悩もうと思います。

図面を見て、明細書の説明を読んで、理解できるとさらに楽しくなりますね。ステントの説明で出てくる用語を調べてみると、他の機械で使われるのと同じ用語がありましたので、少し視野を広げられるように他分野の写真もノートに貼りました。少しずつ広がっていけば嬉しいです。

対訳はある程度まとまった時間がないと進まないので、今週は平日の勉強時間を多めにしました。今日は受講してから初めて1日に8時間勉強できました(か・ん・ど・う!)。それでも全然足りないですね。仕事を後回しにしているので、週末は仕事に集中します。

関連記事

  1. 仕事

    1500字でノート半分

    週末は医薬翻訳をしていました。カルテなどの医療情報の翻訳です。…

  2. 仕事

    感動が続いています

    何かにはまるとしつこく記事にするタイプです(笑)案件ノートの作…

  3. 仕事ノート・勉強ノート

    仕事に対する意識

    仕事に対する意識が変わりました。専門にしたい分野でなくても、今…

  4. マインドマップ

    深掘りの加減とケン化度と溶解性のナゾ

    ビデオ75で懸濁重合が出てきたので、特許件数や実験手順など調べているう…

  5. 対訳勉強200本

    人工内耳の自力翻訳開始

    23%まで完了。今回は大変短いものを選びました。本番では1…

  6. 仕事ノート・勉強ノート

    ノート作成についての気づき

    知っている≠実践できる、わけではないことの1つがノートのまとめ方。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP