Tradosトラブルの強力な助っ人!

スポンサーリンク

Tradosを購入して半年、使い始めてまだ4ヵ月程ですが、先日またトラブルがありました。

前回はアンインストール、再インストールすることで問題を解決できましたが、今回のトラブルは、突然Multitermを開けなくなりました。前回のように、アンインストールしようとしても、下の画像(SDL社ブログより)にある「SDL Multiterm 2017 SR1– Remove suite of products」をアンインストールできません。(画像ではTrados Studioが強調されています)。

SDL社ブログにはアンインストールの際は、「SDL Multiterm 2017 SR1– Remove suite of products」からアンインストールするように、とありますが、できないので、ひやひやしながら他の4つをアンインストールしました。

すると、何とかアンインストールできたようです。

今度は再インストールを試みますが、インストールができません(涙)。下のようなエラー画面が出るだけでした。

これはお手上げだわ、と困っていた時に、真っ先に思い浮かんだ相談先が、Kokodokiさんの翻訳支援ツールマスター講座でした。

ここしかない!出張サービスをお願いしてもTradosを知らない人には相談しづらい!と祈るような気持ちでお問い合わせフォームから困りごとを送信。

週末でしたので、はやる気持ちからやはり出張サービスの方が早いかな、と思ってふと画面を見たら、もう返信が来ているではありませんか!1分も経っていなかったと思います。迅速な対応に感動。早いレスポンスのおかげで、まだ解決したわけではなかったものの、焦って手につかなかった仕事に、落ち着いて着手できるようになりました。

そして2時間後には解決しました。インストールできました。出張サービスまで検討し、2日くらいMultitermを使えない覚悟をしていたのに、2時間で解決しました。

どうやらアンインストール後、再起動してインストールすれば良かったのですが、再起動せずインストールをしようとしていたため、うまくできなかったようです。

Tradosはいつトラブルが起きるかわかりませんので、日頃からのバックアップと、MemoQの使用も視野に入れないといけませんね。

トラブル備忘録として記事にしてみました。
休日にも関わらず迅速に対応してくださったKokodokiさんに感謝です。
本当に助かりました(涙)

スポンサーリンク

最初のコメントをしよう

任意