1. TOP
  2. 対訳勉強200本
  3. 対訳6本目完了

対訳6本目完了

ようやく完了です。

2月末完了の予定が、1週間遅れてしまいましたが、初めての分野にじっくり取り組む場合の、時間的なイメージができました。6600wordの対訳に費やした時間は54時間。ちょっとかかりすぎ・・・かもしれませんが、ノート2冊作りながら、脱線したりじっくり調べて、の時間が含まれます。

次の1本は、今回の半分くらいの時間を目標に取り組むつもりですが、その前に、ペンディングしていた疑問点などの振り返りをします。とりあえず最後まで進めてから後で振り返ると、自信を持てなかった訳語がすんなり確定したり、見えている視野が若干広がった感じがありました。少し進めたのだという嬉しい実感です。

感触としては、ビデオセミナーでは取り組み方の「差」を意識して見るようにし、化学・(まだ未着手の)物理の勉強を並行しつつ、もっともっと対訳勉強の量を増やさないと、質もスピードもレベルアップには程遠いな、という感じです。対訳も化学のビデオセミナーも、横展開できるようなアドバイスを毎回してくれるので、脳のOSを鍛える良いトレーニングになっています。

今回は医療機器、といっても、機械案件ではないですが、図面の説明が大部分を占める明細書でしたので、余計に時間がかかってしまいました。早く医用材料系もやりたいですが、次の1本もステント関連をやって、図面の多い明細書のトレーニングをしたいと思います。

こなすべき量がまだ全然足りないな、というのが一番の感想でした。ひきつづきがんばらねば!

\ SNSでシェアしよう! /

Ayumi Office ー特許に魅せられてーの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Ayumi Office ー特許に魅せられてーの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

コメントを残す


この人が書いた記事

  • 音声入力ソフト「Simeji」でブログを書いてみた

  • 出口式みらい学習教室に入会を決めました

  • 特許翻訳者が展示会に参加して得た気づき

  • 情報発信塾に参加します

関連記事

  • 限られた時間の中で知識の幅を広げていくための工夫

  • 日本人工臓器学会に入会

  • 血液を利用して体内発電する人工心臓 

  • 人工内耳の自力翻訳開始

  • 医療機器は機械で物理で化学だ

  • 対訳勉強で課題を見つける