対訳7本目完了 

スポンサーリンク

7本目は分量がかなり少なく、3600ワードでした。

対訳取りは完了ですが、作成したマインドマップに図を加えて理解を深めるのと、深堀を後回しにしていたキーワードについて調べてから次の対訳に進みます。今回はステントを体内に留置した後のマイグレーション(位置移動)を防止するための発明で、前回の人工心臓弁よりずっと取り組みやすかったです。

ただ、対訳勉強では毎回、構文の理解ミス、お手上げな箇所があるため、技術的理解も構文理解力もまだまだだな、という感じです。

先月のトライアルの結果が届き、また不合格でした。最低限の勉強量もこなせていない状況ですので、当然の結果と受け止めます。トライアルの復習も早くやらねば。

最近、子どもが早朝仕事することに反対していて、呼ばれて作業中断、となることもあり、本人に説得中です(汗)。これだけではなく、身体が周期的に疲れて、なかなか早起きできない日が毎月何日かあることもわかってきたので、これらも考慮しながら、勉強にあてる時間を考えていかないといけません。

来週も対訳勉強を進めたいところですが、学会の勉強、仕事、対訳の見直しを先にやり、次の週からまた対訳を進めていきます。先はまだまだ長いです。

スポンサーリンク

最初のコメントをしよう

任意