仕事

トライアル採点から学ぶ

中国語は英語の翻訳業界ほど成熟していなかったり、会社によっては社内に中国語のできるスタッフがいないこともあり、これまでトライアルの採点をお願いされたことがあります。
あるプロジェクトで採用する人の選定をお願いされたこともありました。

最近も依頼をいただいたのですが、
不思議なことに、毎回答案を見てそんなに時間をかけることなく合否を予想できるのです。
一応最後まで見ますが、最初の印象が変わることはあまりありません。

そして、英語トライアルでは私は落ちつづけています。
ここまで読んで、中国語の翻訳業界大丈夫?と思わないでください(優秀な人もいます)。人の解答を見る時は、第三者の目で厳しくみるので、ミスを発見しやすいのだと思います。採点に取り組みながら、私のトライアルもこんな風に瞬時に判断されているのだろうな・・・と苦い気持ちでした。

まだ十分に見直しをしていなかった不合格トライアルの解答を再度見たところ、
瞬時にミスを2個発見しました。いずれも一発退場のミスでした。
提出前に何度も印刷してチェックしても、なかなか第三者の目にはなれないものなのですね。

今の案件が完了したら、今週こそ不合格トライアルを見直したいと思います。

関連記事

  1. マインドマップ

    プリンタという巨大分野

    プリンタ方式の1つである電子写真技術について、書籍「電子写真-プロセス…

  2. 仕事

    変化を起こすこと・手放すこと

    何か新しいことを始めるということは、今までのものを手放すことでもあるの…

  3. 仕事

    機械案件も物理であり化学である

    新しい特許翻訳(中国語)の案件に取り組んでいます。初めての分野は毎…

  4. 仕事

    寝たくない2歳児

    子どもは保育園で同じクラスの子より体力があるようで、長いお散歩で他の子…

  5. トライアル

    勝利の女神がやってきた

    最近は医薬翻訳の依頼ラッシュでバタバタしていました。すっかり仕…

  6. 仕事

    フリーランス翻訳者は名刺を複数枚持つ

    秋以降、展示会やセミナーに行っていた時、古い名刺を使っていました。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク
PAGE TOP