仕事ノート・勉強ノート

化学ビデオの進め方再考

ビデオを見ながら手を動かして、切り貼り、というやり方をしてきましたが、
これからはお試しで、事前に調べ、ノートにまとめてからビデオ視聴、という方法にしてみようかな。

フェノール樹脂のところをウィキや特許で調べていて、フェノール樹脂は酸触媒下か塩基触媒下でできるものが異なる(ノボラック型、レゾール型)ということと、関連特許を読んでからビデオを見てみました(54)。

おそらくこれまでも何度も言われていたことですが、教科書を見る/ビデオを聞く前に予習してから差を見る方法はいい!

管理人さんの手法を無意識レベルでできるようになるためには、取り組み方の差を意識するということ。そこで、予習→ビデオが一番かな、と思いました。ちょっと時間がかかりますが。

調べたことを特許で読む、というのは頭に入りますし、知識が広がって本当に楽しいですね!ないぞないぞ~と探していた、酸・塩基触媒によるフェノール樹脂合成の、矢印付きの合成図解をSlideshare(英語)でゲットできました(^^)

超臨界状態と共沸は今後の宿題にとっておきます。

関連記事

  1. 勉強

    対訳3本目完了

    岡野光夫先生の細胞シートの対訳がひとまず完了しました。対訳取りは完了で…

  2. 勉強

    化学の素晴らしい勉強素材発見

    素晴らしいサイトを見つけました。結合エネルギーを勉強していた時…

  3. 勉強

    受講開始から3ヵ月半

    受講開始から3ヵ月半が経ちました。1日の勉強時間は平均3時間。…

  4. 仕事

    新しい対訳スタート

    今月は早朝3時間で仕事(中国語)を終えて、月の目標額を達成することも1…

  5. 勉強

    研究魂に感動 -グラファイトと村上睦明さん-

    化学の勉強の後の明細書は、興味の赴くままに読んでいますが、これまでの知…

  6. 仕事ノート・勉強ノート

    先読みするということ、自分で勉強するということ

    67のビデオで、アミノ基が塩基性である理由が怪しかったので、アミンを中…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP