仕事ノート・勉強ノート

先読みするということ、自分で勉強するということ

67のビデオで、アミノ基が塩基性である理由が怪しかったので、アミンを中心に復習しました。

すごくまとまった資料を2つ見つけました。
アミンの命名法(アルコールの命名と違うことに注意)、アミノ基が塩基性である理由、脂肪族・芳香族アミンでの塩基性の違い、色々なアミンを例に、塩基性の強弱の理由を分析したり、面白かったです。

(以前も切り貼りしたけど、同じ資料で再度復習)。

特許に関連しそうな観点から特に面白かったのが、アニリンに導入する置換基を変えることで、塩基性が強くなったり弱くなったりすること。置換基の性質を理解することで、導入する置換基を変えて合成法を改良したり、一線の研究者はこういう知識をベースに日々試行錯誤しているのかなあと思いました。各置換基が電子供与性か電子吸引性かおおまかに理解しておけば、先読みの助けになりますね。個人的には今日一番のヒットポイントでした。

アミンの資料に演習問題があったので、やってみました。大学の授業資料のようでしたが、これはとても良かったです。マクマリーの問題にも時々挑戦していきたいですね。

今はビデオの力を借りながら、勉強の仕方、深め方を手取足取り教えていただいている感じですが、自分で問題を設定して、考えてみる、答えを導く、というのはこういうことかな、というのが少しつかめてきた気がします。最初の頃はビデオで指示がないと検索したりしなかったのですが、自分で考えて、興味を持ったポイントや理解が足りないと感じた箇所を深堀りできるようになってきた気がしました。これも今日の収穫でした。

ビデオを先に進めたい気持ちを抑えて、あやふやなところをスッキリさせると、理解がぐっと深まります。アミノ基の塩基性に加えて、枝葉部分まで吸収できたので、これがどんなふうに他のことと関連付けされていくか楽しみです。

関連記事

  1. 仕事ノート・勉強ノート

    視界が少し開けてきた

    以前やった項目について、別の角度から理解できることが少しずつ増えてきま…

  2. 仕事

    応募するしかない!!

    私が得意分野にしたい分野×英語で、特許翻訳の募集がありました。再生…

  3. 勉強

    粘着剥離解析に関するセミナーに申し込みました

    協和界面科学社開催のセミナーに申し込みました。http://w…

  4. 勉強

    実案件を通じて 

    特許翻訳(中国語)の納品が終わり、再び勉強に戻りました。感じた…

  5. 勉強

    明細書を理解する難しさ

    昨日の記事で書いたウォーターズのセミナーは「ご参加いただけません」と連…

  6. 勉強

    「医療」で世界制覇!? 医療産業の全体図がわかる本

    昨晩、この本を読み、焦燥感を覚え、考え込んでしまいました。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP