仕事ノート・勉強ノート

アミドが塩基性を示さない理由

ビウレット反応について勉強していた時、アミドが塩基性を示さない理由について、すぐに納得できなかったので、その理由を考えてみました。

アミド結合


出典:健康用語WEB辞典

アミドが塩基性を示さないということは、攻撃する力が弱いということ、つまり分子として安定しているからではないかと考えられます。安定している=塩基としての反応する力が弱くなる、と考え、アミドの安定性から切り込んでみました。

逆に不安定であると、反応性は高くなり、塩基として反応する力が強くなります。では、アミドの安定性は何が決定しているのでしょうか。

安定性・・・という言葉から思いつくキーワードは、共鳴構造、非局在化。

電子の非局在化というのは、電子が一か所に止まらず大きな範囲を移動していること。このように電子が移動している、つまり電子が非局在化すると、電子は安定化されます。逆に不安定、というのは、反応性が高いということ。電子が局在化している状態、つまり電子が偏っていると、反応性が高くなります。

電子が非局在化している時、共鳴構造をとります。
電子対が動くことにより複数の構造式を書くことができる場合、共鳴構造といいます。

そこで、アミド結合をよく見ると、共鳴構造をとることがわかります。

ここで反応するのに活躍するのが、窒素原子(N)にある非共有電子対ですが、
アミドの場合、Nのとなりに「-C=O結合」があるのがポイント。

窒素原子の非共有電子対は結合に関与しておらず、移動することができます。つまり、窒素にある非共有電子対は分子内で移動することができます。窒素の非共有電子対が酸素原子まで非局在化し、分子が安定化します。

もしここで、 Nのとなりにメチレン(CH2)が挟まっていたら、電子は移動できません。

アミドでは、Nのとなりに二重結のC=Oがあるため、電子が移動し、アミドはC=Oをとる構造と、C=Nをとる構造が両方存在していることがわかります。このように共鳴構造をとるため、アミドは安定化している、つまり塩基性を示さない、ということなのですね。

余談ですが、アミドの中間体にC=N結合があるように、C-Nは二重結合の性質を持ちます。そのため、アミド結合を切りにくい、というのは、有機合成で解決すべき性質でもあるようです。

出典:名古屋大学

こういうことだけ考えて1日過ごせてしまうのですが、我慢して先に進みます。

参考:
http://www.kagakudojin.co.jp/special/click_yuki/click_oc/appendix/index_j/aa/aa_amide.html
https://pub.maruzen.co.jp/book_magazine/yuki/web/mokuji/pdf/w06-4.pdf
http://www.sci.kumamoto-u.ac.jp/~ishikawa/ishikawa-lab/Lecture_jiang_yi_zi_liao_files/%E7%AC%AC%EF%BC%91%EF%BC%97%E5%9B%9E.pdf

関連記事

  1. 勉強

    BF3やAlCl3がルイス酸になる理由を混成軌道から読み解く

    化学の勉強をしていると、「ちょっと!これすごい!!聞いて!」と興奮する…

  2. 仕事

    わかると楽しい

    週末2日のうち、1日は仕事のみでした。特許翻訳(中国語)で初め…

  3. 勉強

    ゴムにはまる

    週末は子どもとたくさん遊びました。近所の公園に新しく健康器具が配備され…

  4. 勉強

    受講からもうすぐ半年

    今月末で半年になります。まだ結果を出せていません(汗汗)(英語…

  5. 仕事ノート・勉強ノート

    化学ビデオの進め方再考

    ビデオを見ながら手を動かして、切り貼り、というやり方をしてきましたが、…

  6. 仕事

    仕事では想定外を常に考えておく

    週末は子どもと2人で実家に泊まりに行きました。両親共に病院にお世話…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP