勉強

夢の中まで

最近2回、夢に化学が登場しました。

1回目は、「明日は懸濁重合やらなきゃ~」と思っていたせいか、「懸濁重合」が登場。

2回目は、既にやったDNA変異の「フレームシフト変異」について再度ノートにまとめているところでした。

こんなこと、以前はなかったので驚きです。夢は予習にも復習にも活用できるということなんですね!

以前発音矯正の指導を受けていた時、先生に「気絶しても中国語が口から出るようにしなさい」と言われていました。そのころは確かに夢の中でも中国語を話していました。不思議なことに、現実は下手くそなのに、夢の中では流暢に話せていました。今回の現象ともリンクしそうですね。

関連記事

  1. 勉強

    これはいいかも!図面から発明の内容を推測する練習

    明細書を読んでいるのが楽しいです。今回もわからない部分を残している状態…

  2. 勉強

    急がば回れ

    講座のビデオは大量にあるので、最初は見たものをノートに記録していました…

  3. 勉強

    対訳3本目完了

    岡野光夫先生の細胞シートの対訳がひとまず完了しました。対訳取りは完了で…

  4. 勉強

    ケンカするルイス酸とルイス塩基

    先日の記事で、配位結合はルイス酸とルイス塩基の結合であることに感動した…

  5. 仕事ノート・勉強ノート

    切れない集中力

    化学の勉強は7時間続けても集中力が切れません。マクマリー有機化…

  6. 勉強

    実験医学を定期購読

    実験医学の定期購読をしようか迷っていましたが、2015年のこの号を読ん…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP