1. TOP
  2. 勉強
  3. 夢の中まで

夢の中まで

勉強
 

最近2回、夢に化学が登場しました。

1回目は、「明日は懸濁重合やらなきゃ~」と思っていたせいか、「懸濁重合」が登場。

2回目は、既にやったDNA変異の「フレームシフト変異」について再度ノートにまとめているところでした。

こんなこと、以前はなかったので驚きです。夢は予習にも復習にも活用できるということなんですね!

以前発音矯正の指導を受けていた時、先生に「気絶しても中国語が口から出るようにしなさい」と言われていました。そのころは確かに夢の中でも中国語を話していました。不思議なことに、現実は下手くそなのに、夢の中では流暢に話せていました。今回の現象ともリンクしそうですね。

\ SNSでシェアしよう! /

Ayumi Office ー特許に魅せられてーの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Ayumi Office ー特許に魅せられてーの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

コメントを残す


この人が書いた記事

  • 子どもの教育について

  • 3Dプリンタの展示会に向けて

  • 学習を情報発信と連動させてみる

  • google patentを利用して足りない英語力を補う

関連記事

  • とにかく手で書く

  • 先読みするということ、自分で勉強するということ

  • 以前の自分との「差」を実感した話 凝結剤vs凝集剤

  • 化学は謎とき

  • アミドが塩基性を示さない理由

  • 明細書先読みトレーニング