夢の中まで

スポンサーリンク

最近2回、夢に化学が登場しました。

1回目は、「明日は懸濁重合やらなきゃ~」と思っていたせいか、「懸濁重合」が登場。

2回目は、既にやったDNA変異の「フレームシフト変異」について再度ノートにまとめているところでした。

こんなこと、以前はなかったので驚きです。夢は予習にも復習にも活用できるということなんですね!

以前発音矯正の指導を受けていた時、先生に「気絶しても中国語が口から出るようにしなさい」と言われていました。そのころは確かに夢の中でも中国語を話していました。不思議なことに、現実は下手くそなのに、夢の中では流暢に話せていました。今回の現象ともリンクしそうですね。

スポンサーリンク

最初のコメントをしよう

任意