手で書けば混成軌道も怖くない

スポンサーリンク

連休中はあまり時間をとれそうにありませんが、目標は100まで化学のビデオを終わらせること。

今は96のビデオを見終わり、混成軌道についてノートにまとめています。

手で書くと、後でつながりやすいのですよね。この収穫を味わってからは、なるべく書くようにしています。

金属結合には時間を使いました。自由電子の海に原子イオンがあるイメージが追いかけて、軌道をからませて図解化して、ようやく理解できた感じです。

金属原子の最外殻にある電子は、原子同士が離れていると、自分を見失わずに冷静でいられるのですが、他の原子が近くにあると、自分の居場所がわからなくなり、自分探しを始めてしまう。そして原子を飛び出して、あちこち動き回るようになる。こんなイメージがしっくりきました。結晶構造も気になりましたが、後で出てきそうなので結合まででストップ。

混成軌道は怖がらず、1つ1つ解いていくと、そんなに怖いものではないかもしれない・・・・と思い始めています。

スポンサーリンク

最初のコメントをしよう

任意