勉強

BF3やAlCl3がルイス酸になる理由を混成軌道から読み解く

化学の勉強をしていると、「ちょっと!これすごい!!聞いて!」と興奮する出来事の連続で、その都度ブログに書いて発散しています(笑)

現在、124のビデオまで見て、酸・塩基についてノートにまとめています。

ルイス(Lewis)の定義についてまとめていたところ、「BF3やAlCl3がルイス酸である」理由をすぐに理解できませんでした。

ルイス酸:電子対を受け取ることができるあらゆる物質
ルイス塩基:電子対を供与することができるあらゆる物質

マクマリー有機化学には、「空の軌道がある」と記載があり、どうやらこれがヒントのようです。そこで、BとAlの原子軌道を書いてみました。

結果、BF3やAlCl3どちらもB原子とAl原子がsp2混成軌道をつくることがわかりました。

AlCl3の場合

Al原子の場合、写真のように、励起状態(真ん中・水色)からsp2混成軌道を作り安定するため、3p軌道が空になりますね。この空軌道にローンペアが入り込むため、電子対を受け取る=ルイス酸になる、ということなんですね!!

B原子も然り↓

マクマリー有機化学(上)p54にある「~がLewis酸であるBF3のホウ素原子の空の軌道に電子対を供与する」の「空の軌道」は、p軌道であることが省略されているんですね。

混成軌道から酸になる理由を理解できるとは思わなかったので、今回の感動は特に大きいです。少しずつ、これまで学んできたことがつながってきました。

今回のような疑問について仮説を検証できるのはやはり海外のサイトです。

The sp2 hybrid orbitals in BF3.

出典:slideplayer

関連記事

  1. 仕事ノート・勉強ノート

    手で書けば混成軌道も怖くない

    連休中はあまり時間をとれそうにありませんが、目標は100まで化学のビデ…

  2. 勉強

    再生医療を得意分野に

    メディカル、特に再生医療が得意分野だと自信を持って言えるように、書籍を…

  3. 勉強

    計画の修正

    管理人さんのスカイプコンサルを受けました。ぶれていた自分、甘か…

  4. 勉強

    今週中にボストン対訳を終わらせたい

    今日は300wをさくっとやるつもりが、バルーンの中のコイルをフルオロポ…

  5. 勉強

    ケンカするルイス酸とルイス塩基

    先日の記事で、配位結合はルイス酸とルイス塩基の結合であることに感動した…

  6. 勉強

    細胞シートの対訳開始

    再生医療展に向けて、いくつか原始的な明細書の対訳を完了させておきたいと…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク
PAGE TOP