1. TOP
  2. 仕事
  3. 【中国語翻訳】日中翻訳と日本語ネイティブ

【中国語翻訳】日中翻訳と日本語ネイティブ

仕事
 

現在進行中の案件について、半日かけてスケジュールを立てていました。

文字数が30万字を超えますので、各ファイルの内容把握だけでかなりの時間を要します。

プレッシャーがじわじわと増しているのですが、今回の案件をきっかけに、中国語翻訳における日中の需要について考えることになりました。

今回の案件は日中翻訳で、専門性のかなり高い分野になります。春に打診をいただいた時は、ネイティブの方が翻訳したものを私がチェックする方がいいのでは・・・と思いましたが、別の会社からのチェック案件を通して考え方が変わりました。先月受けた日中翻訳のチェック案件で、少ない分量(2000字未満)にも関わらず専門用語の誤訳が数件続けて続出し、気絶しかけたことがあったからです。その時、中国語翻訳業界における、日中翻訳のレベルは中日翻訳に比べ、まだまだ発展途上なのかもしれないと思いました。

誤訳が続出した案件もまた専門性の高いドキュメントでした。一方で、ビジネス分野のドキュメントでは、ネイティブの方が訳出した文書に大きな誤訳を見つけることはあまりありません。

日中案件をやりたいというこだわりはありませんが、現在お取引のあるメインの会社のうち1社からは、中日・日中どちらでも声をかけていただいています(他の会社は基本、中日案件のみ)。今後も日中案件を避けては通れないような気がしてきました。

今朝の求人でも、中→日、日→中どちらもできる日本語ネイティブの特許翻訳者を募集している特許事務所がありました(正社員の募集でした)。

日中翻訳のために特化した勉強をしたことはありませんが、以前100冊以上の中国語の原書(小説やエッセイ)を読んでいた経験は役立っていると思います。もし今後、日中案件でも継続的に声をかけていただく場合は、中国語の専門書も読みこんでいく必要性を感じています。今は英日特許翻訳の勉強も並行しているため、そこまでやるのはかなり難しいですが・・・・。

\ SNSでシェアしよう! /

Ayumi Office  翻訳者がブログ飯に挑戦の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Ayumi Office  翻訳者がブログ飯に挑戦の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

コメントを残す


この人が書いた記事

  • 4ヶ月目のブログ運営レポート【最大の敵を倒す】

  • ブログ・YouTubeで批判されたときの対処方法

  • 【7月】ブログ運営報告・初のまとまった売上(毎日更新してから3か月目)

  • 【100記事達成によるアクセスの変化】オウンドメディアのスタート地点に立つ

関連記事

  • 東プレキーボード 素晴らしいアフターサービス

  • わかると楽しい

  • 来月

  • 仕事のスケジューリング

  • あと1記事でスタートライン

  • フリーランス4年を振り返る