1. TOP
  2. 仕事
  3. 3年間の年収の変化 

3年間の年収の変化 

仕事
 

2016年に子供が1歳児クラスへ入園しました。

私の住む地域はフリーランスにもとても寛大で、産休前の平均月収が基準値をクリアしていたため、フルタイム勤務とみなされ、無事保育園に入ることができました。出産前に数ヵ月ですがすでにフリーランスとして稼働していたことが功を奏しました。

それから3年の年収の変化です。
まだまだですが、過去の自分と比較した時に、進歩が感じられるのが嬉しいですね。
ありがたいことに今年は9月までの仕事で昨年を上回ることができました。

2016年:通訳、翻訳を兼業。通訳の仕事を始めたばかりで、とにかく嬉しくて、展示会、セミナー、テレビロケなどいただけるものは拒まず何でも受けていました。
2017年:通訳、講師(職業訓練所での医療通訳講座を担当)、翻訳、他のお仕事。授業準備が大変で、半年以上にわたり、翻訳業はお休みしていました。
2018年:翻訳のみ。週1で続けていた医療通訳会社でのオンサイト勤務も4月でやめ、5月からは翻訳一本になりました。

昨年まで複数の仕事を並行していたり、打診がこないようお休みの連絡をしていたため、何月に翻訳の仕事が忙しくなる、など時期による変化をあまり体感できていません。翻訳者としてはまだ安定稼働とは言い難い状態です。

今年の秋以降がトライアルラッシュとなる予定ですので、英語に加え中国語の特許翻訳でも登録をさらに増やし、来年につなげたいと思います。

\ SNSでシェアしよう! /

Ayumi Office ー特許に魅せられてーの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Ayumi Office ー特許に魅せられてーの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

この人が書いた記事

  • 【100記事達成によるアクセスの変化】オウンドメディアのスタート地点に立つ

  • あと1記事でスタートライン

  • 過去の自分を否定するのは間違っていたと思う

  • 【宣言】脱翻訳します

関連記事

  • 仕事ノートの作り直し(電子写真方式)

  • 常に最悪のケースを想定する

  • 仕事と特許の紐づけ

  • 勉強再開

  • 情報発信塾に参加します

  • マインドマップは作る過程に意味がある