1. TOP
  2. 展示会・セミナー
  3. ものづくりワールド2018 3Dプリンターを見てきました

ものづくりワールド2018 3Dプリンターを見てきました

先週開催されたものづくりワールドで、3Dプリンターのセミナーに参加、ブースも見てきました。

セミナーはストラタシス社社長のお話を聞くのが目的。
小さな会場かと思っていたら、1000人は入ると思われる大会場でした。

3Dプリンターを活用してGEが865個の部品を15個に減らしたことや、
NASAが100種類以上のパーツを3Dプリンタで製造していることなど、
製品の試作から生産へと、世界の傾向が変わっているというお話でした。

印象的だったのが片山社長の口から度々「思考停止」という言葉が登場したこと。
これは世界と比べて、日本の製造業について言われていたことでした。
世界のプレーヤーには明確な目標があり、次々にAM(Additive Manufactureting)センターを立ち上げているが、日本ではAMセンターはまだ少ないようです。

このセミナーで世界の3Dプリンターはますます進化している、ということを感じたのですが、同様のお話をブースでも耳にしました。

今回展示会へ足を運んで印象的だったのが、3Dプリンターコーナーの各ブースが自社セミナーを頻繁に開催していたことです。ほぼ時間を空けずに1日中セミナーをしているブースを多く見かけました。

(株)3Dプリンター総研で聞いたお話でもやはり、日本と世界との間に温度差があるということ。欧米では3Dプリンターを使って何かを作った、というニュースが日々流れているようです。

3Dプリンターでここまでできているんだ、と驚きだったのが薬剤の開発。静岡薬科大学と米国が共同で、てんかん用の薬剤を3Dプリンターで製造したとのこと。分解するまでの時間や、構造も3Dプリンタで調整可能で、各個人にあわせて複数の薬剤を製造できるようです。

また、3Dプリンターの材料の複合化も進んでいるというお話も興味深かったです。

事前勉強ができていなくても、最新情報のキャッチアップのために展示会には行かないとですね。造形物や金属プリンターが動いているのも見てきました。

3Dプリンター、やはり熱いですね。
明日はBio techで開催される3Dプリンターのセミナーを聞いてきます。こちらは特に興味のある臓器作製。事前勉強が全くできていませんが、聞いてきます。

来年2月には東京で第1回次世代3Dプリンタ展が開催されるようですね。

来月はちょっと高いですがこちらのセミナーに行っちゃおうかなと思っています。
(今月も中村先生のセミナーがあったのですが、勉強が間に合わず諦めました)。

7/27【セミナー】3Dバイオプリンティング

\ SNSでシェアしよう! /

Ayumi Office ー特許に魅せられてーの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Ayumi Office ー特許に魅せられてーの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

コメントを残す


この人が書いた記事

  • 過去の自分を否定するのは間違っていたと思う

  • 【宣言】脱翻訳します

  • 【ブログのアクセスが伸びず悩んでいる方に伝えたいこと】2つのブログを運営した経験から

  • セルフブラック化せよ

関連記事

  • 3Dプリンタの勉強

  • 朝6時、腑に落ちる

  • 書いて覚えたことは書くことでよみがえる

  • 公開特許の対訳勉強では、原文は英語と日本語どちらのものからやるべき?

  • 1ヵ月で山中先生の明細書をすべて読む

  • マインドマップにすると頭に残る!