マインドマップ

言葉に敏感になってきた

翻訳でも勉強でも、言葉に敏感になってきました。

解離と電離は今やっておかないと、後で苦労しそうだと思ったので、マップにまとめ。まだ未完成ですが、大分スッキリしました。解離と電離は概念の切り分けができていないと、明細書で使い分けるのが難しそうですね。なぜそう使う?という疑問は残っていますが、現時点でできるところまでまとめました。まとめて大正解でした。

ヘンリーの法則を理解するのに苦戦しましたが、じっくり考え(時間がかかりました)、特許を1本精読、3本をマップにまとめたので、明細書でヘンリーの法則がどのような時に使われるのが、イメージが立体的になりました。これもやって本当に良かった!

関連記事

  1. マインドマップ

    必要な時に簡単にはがせる接着剤

    理論化学の勉強で、「電気陰性度」の特許を探していたときに、見慣れない言…

  2. マインドマップ

    マインドマップの凄さを垣間見た 

    前回の記事で触れた特許庁の人工臓器に関するレポートをもとにマインドマッ…

  3. マインドマップ

    当接するローラ間に働く摩擦力、慣性力の向きは・・・

    明細書では摩擦力、慣性力など、当業者にとって当たり前のことは、慣性力、…

  4. マインドマップ

    鉄は熱いうちに打て ~全固体電池~

    先日取り組んだ人工臓器のマインドマップの中で、課題としてリチウムイオン…

  5. マインドマップ

    人工内耳のまとめ

    対訳で勉強した人工内耳のマインドマップを作成しました。調べ続けてい…

  6. マインドマップ

    マインドマップにすると頭に残る!

    「山中伸弥先生の明細書をすべて読む」プロジェクト進行中です。2…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のコメント

アーカイブ

PAGE TOP