1. TOP
  2. マインドマップ
  3. 当業者の理解レベルに近づくために

当業者の理解レベルに近づくために

浸透圧について調べていたら、再び「束一的性質」が登場しました。

気になったので、束一的性質についてマインドマップにまとめました。

特許でどんな風に使われているか調べてみると、分子量測定法の1つとして言及されていることが多いですね。

英語の特許も調べてみると、凝固点降下の説明や、凍結防止剤の効果を高める方法として言及されていたり、日本語の明細書よりも面白い使われ方を確認できました。

一つ一つの定義を腹に落ちるまでとは言わなくても、ある程度納得できるレベルまで消化すると、「束一的性質」と聞いた時、凝固点降下、沸点上昇、浸透圧、蒸気圧降下といった現象が当たり前のように頭の中に浮かんでくるようになるんですよね。当業者にとってはこれは空気を吸うように自然なのだ、ということも特許での使われ方を確認してわかりました。

もっと当業者レベルに近づかなければ。

明細書(英語)のマインドマップ

明細書(日本語)マインドマップ

\ SNSでシェアしよう! /

Ayumi Office ー特許に魅せられてーの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Ayumi Office ー特許に魅せられてーの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

コメントを残す


この人が書いた記事

  • ブログ・YouTubeで批判されたときの対処方法

  • 【7月】ブログ運営報告・初のまとまった売上(毎日更新してから3か月目)

  • 【100記事達成によるアクセスの変化】オウンドメディアのスタート地点に立つ

  • あと1記事でスタートライン

関連記事

  • 血液と接触する医療機器に求められる性質とは?

  • 蒸気圧曲線からわかること、物質毎に蒸気圧が異なる理由

  • 画期的な「化学的」ダイエット 胃内バルーンカプセル「オバロン」

  • 以前の自分との「差」を実感した話 凝結剤vs凝集剤

  • 言葉に敏感になってきた

  • 溶解度積と指示薬も特許で使われていて、興味深い