仕事

フリーランスになって良かったこと 会議からの解放

大学時代にどの職業につくにせよ、将来はフリーランスで食べていこうと決めていました。

当時は、周囲にとって当たり前のことをなかなか受け入れられない自分の性格から、
組織に所属して働く生活を定年まで続ける、という選択肢は最初からありませんでした。

社会経験を積むために何社か入社しましたが、いずれの場合も数年後には次のステップへ、と決めて就職先を選んでいました。

会社員生活を振り返ると、楽しいことの方が多く、同僚との付き合いも楽しかったのですが、フリーランスになってよかった、と思うことの方が多いですね。

色々ありますが、その1つが会議からの解放。

これは会議が嫌い、というのも少しありますが、本当の理由は、私がどの会議であれ、起きていることができなかったからなのです。

夜は不眠で悩むほどなのに、会議開始とともに瞬く間に寝落ちてしまうため、何度もナルコレプシーなのではないかと悩みました。ある会社にいたとき、クライアント会議でも眠ってしまい、クライアントからのクレームで、プロジェクトを外されたことがあります。

幸い上司に理解があり、眠らずにすむよう、会議の都度、私に議事録を書かせるためと称してPC持参を許可してくれ、常に指を動かす機会を作るなど、配慮してくれました。それでも眠気は強く、常に指をつねったり、眠気防止のサプリメントを服用したりしていました。

今年3月に参加した再生医療学会でも眠気は相変わらずで、事前に準備したシンポジウムにも関わらず、気づけば眠っていた、ということがありました。先日のBiotechのセミナーでも同様でした。

会議以外の場所ではこのようなことはないため、ナルコレプシーではないと思います。フリーランスになり、会議からの解放は救われたと言っても過言ではありません。私にとって、会社の中で「会議に参加する」より、「会議で大勢の前で発表する」ことの方が、(準備の大変さはありますが)ずっと気楽なことなのです。

現在、在宅で仕事している時に眠くなるのは睡眠不足が続いた時だけで、普段は眠くなることはあまりありません。

次に技術セミナーを聞きに行くときは何とか眠らないようにしたいものです・・・

関連記事

  1. 仕事

    新規分野が来るのが嬉しい

    今日は2件、新規翻訳の依頼がありました(中国語)。面白いことにどち…

  2. マインドマップ

    マインドマップは作る過程に意味がある

    仕事でノートを作る余裕がない時でも、XmindProを使えば、短時間に…

  3. 仕事

    翻訳祭に行ってきました!

    感想は、行って良かったです!!まず、(一番)楽しみだった受講生…

  4. 仕事

    今年も後半へ

    今年も半分が過ぎましたね。人が言うのも聞いて思い出しました。もう7…

  5. 仕事

    3年間の年収の変化 

    2016年に子供が1歳児クラスへ入園しました。私の住む地域はフ…

  6. 仕事

    新規案件とトライアル

    1月前半は医薬分野の日中翻訳、後半は医薬分野の中日翻訳でした(現在も進…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク
PAGE TOP