1. TOP
  2. マインドマップ
  3. 当接するローラ間に働く摩擦力、慣性力の向きは・・・

当接するローラ間に働く摩擦力、慣性力の向きは・・・

明細書では摩擦力、慣性力など、当業者にとって当たり前のことは、慣性力、摩擦力の働く向きまでは触れられていませんね。摩擦力の単元を勉強したおかげで、摩擦力、慣性力の向きについてはだいぶ理解できたと思うのですが、それぞれが回転するローラ間の場合に苦戦しました。摩擦力の基礎固め、ということでわかりやすそ~な明細書を選んだつもりが、ややや…再び苦戦。一部は保留としました。

摩擦力が登場する分野は幅広いですね。内視鏡関連も気になりましたが、中国語の特許翻訳の仕事に直結しそうなロール紙プリンタの明細書を読んでみました。

この明細書では、「押さえローラ」と「ロール紙」は当接し、それぞれ回転しています。用紙搬送終了後、回転が止まった時に、押さえローラが慣性力によって回転を継続します(これは予想できました!)。この時、押さえローラに当接するブラシがあるため、ブラシと押さえロール間に摩擦力が発生し、押さえロールの慣性力による回転が抑制されます。

この原理はわかるのですが、それでは押さえロール、ロール紙が回転を停止した時の、押さえロールの慣性力、摩擦力の向きについて正しく理解できているだろうか?と少し考え込んでしまいました。

一般論として、2つの当接するロールがそれぞれ矢印の方向に回転していて(下の写真上)、回転が停止したとき(下の写真下)に働く慣性力、摩擦力の向きについて、現時点での理解は次の図に落ち着きました。

今回の明細書を読んで興味深かったのが、慣性力、摩擦力は、解決すべき課題として登場するだけではなく、望ましい効果を得たいときにも利用されていることでした。摩擦力、慣性力の向きは考える訓練、図解化する訓練をしないと勘違いしてしまいそうですね。もっと明細書を精読したいところですが、先に進みます。

マインドマップ

\ SNSでシェアしよう! /

Ayumi Office  翻訳者がブログ飯に挑戦の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Ayumi Office  翻訳者がブログ飯に挑戦の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

コメントを残す


この人が書いた記事

  • 【収益10万円までの道のり】ブログ記事を237本書いた成果をご報告

  • 6ヶ月目のブログ運営レポート【無感情を手に入れる】

  • 5ヶ月目のブログ運営レポート【売上3万円の壁を超える】

  • 4ヶ月目のブログ運営レポート【最大の敵を倒す】

関連記事

  • 物理に恋をした?

  • 医療に応用される浮力 ガイドワイヤー

  • モータ、発電機の仕組みから高電圧で送電する理由について

  • 知識の横展開にマインドマップ

  • 血液を利用して体内発電する人工心臓 

  • 理解する難しさ、説明する難しさ、できない悔しさ -電子、電気、電位、電圧、電場ー